日本語支援、はるばる福岡から…

8月31日
 一昨日、しばらくほったらかしにしてあった、無縁仏整備で出た土を、Hさんも手伝ってくれて、一緒に片づけていました。そこに電話。福岡からです。お寺の名前を名乗られて…、
 「そちらで中国の子どもたちに対する日本語支援をしていると、人づてにお聞きしました。なかなかできることではありません。わずかですが支援をさせていただきたいと思います。郵送させていただきます」との電話です。
 「それは、それは、ありがとうございます。現在4名の子どもたちの支援をしています。ホームページにまとめておりますので、どうぞご覧ください。わざわざどうも…」と応えさせていただきましたが、全く存じ上げない方です。心当たりもありません。手紙をお待ちすることにしました。
 はたして、手紙、今日届きました。便せん一枚に、丁寧な筆文字。
「日本語支援、てらこや塾のことを知りました。私は、これまで何の徳を積むことなく今日まで過ごしてまいりました。何かのお役に立つことがございましたら、お使いいただければ幸いに存じます。」との手紙に添えて、支援金を送って下さったのです。
 有り難いことです。さっそくに、お返事。昨年の活動報告、「てらこや塾」の要綱、プレゼンテーション原稿、九月度の授業時間割と会わせて、自己紹介を兼ねて「知恩誌」、そしてこのいただいたご縁に対するお礼は、私たちの松禅院での大念仏の世界をお伝えすることだ…とそのご案内も同封させていただきました。何かしら、どこかで早い時期に、この方とお会いできるような気がするのです。とても楽しみです。
リンク
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる