「てらこや塾」についてのいくつかの原稿依頼

財団法人「全国青少年教化協議会」の研究紀要、「臨床仏教叢書Ⅱ、ツナガリ社会の回復に向けて」の仮タイトルに6000字、「てらこや塾」につていの原稿を書きました。
 これまでの「てらこや塾」の歩みから現在の状況、目的、そして、今年、本格実施になるベトナム支援、さらに新たにネパールへの支援が開始されたことまで書くことが出来ました。
 まだまだ、今検討中の不登校児童・生徒を対象にした寺子屋塾パート3、さらにはお年寄りを対象としたパート4の構想について述べる余裕はなかったのですが、第1回仏教教化事例発表大会」に参加された各寺院の住職さんが、まとめられる紀要ということですから、中身のあるものになることでしょう。とても楽しみです。
 写真も数枚掲載してもらえるとのことで、子どもたちが写っているものを選び出して送りました。
 あらゆる機会を利用して、「てらこや塾」の宣伝に努めていきたいと思います。総本山知恩院発行の「知恩」誌に4月、5月、6月と3回、「てらこや塾」のことについて連載で掲載していただく連絡もありました。また、東京テレビから、電話取材があり、30分以上質問を受けました。さらに検討したうえで、再度連絡するとのことです。ひょっとしたら、またテレビの取材をしてもらえるかもしれません。
 お楽しみに…。


 
リンク
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる