「てらこや塾」の報告書を発送します。

1月31日
 来年度に向けて、これまで「てらこや塾」「スカラシップの会」「ネパール支援」に関わって、ご縁をいただいた方々に、活動報告やパンフレット・桜井ひろ子さんの講演会案内・慶蔵院寺報などを発送する準備をすすめています。来年度に向けて「てらこや塾」がどのように変化していくのか、より多くの方に知っていただくためにも、現状報告を資料に即してお知らせしたいと考えました。
 かんたんな「ご縁をいただいた皆様に『てらこや塾』からの報告」と題した手紙を添えさせていただきました。内容は、以下の通りです。

        ご縁をいただいた皆様に「てらこや塾」からの報告
                                      前島 格也
 境内の欅や公孫樹の大枯木は、ひっそりと息をころして静もりかえっているのに、届く日差しは、高まる鼓動のように、一日一日と明るさを増してきているこの頃です。 
 
「てらこや塾」・「スカラシップの会」・「ネパール支援」等、みな様からいただいている日頃のご支援に、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。ここに、活動の報告を兼ねて、「法然」誌に取り上げられた「てらこや塾」の記事、最新のパンフ、慶蔵院時報、桜井ひろ子講演案内等を郵送させていただきました。ご一読いただけれぱ幸甚です。

 2007年の3月、中国からの、来日間もない女子中学生の高校受験と日本語学習支援に集まってくれた人たち、一口、1.000円の支援をして下さった方々の思いは、2012年、外国人15名、日本人の児童生徒30名の日本語・学習支援を、無料で実施する「てらこや塾」へと発展してきました。
「てらこや塾」は、4月から日本語教室と学習支援教室を並立させた、「困っているすべての子どもたち・地域住民に手を差し伸べる教育機関」としての新たな一歩を踏み出そうとしています。

 「てらこや塾」は、昨年の6月末から7月にかけて、2010年5月に設立された「スカラシップの会」、ベトナムの中高校生が日本の生活環境の中で、日本語を学び日本との文化交流を深める無償支援の取り組みのベースキャンプも担わさせていただき、日本語学習支援を実施しました。

 今年は、6月11日から7月23日までの6週間、第二期生が来日します。彼らの真摯で真剣な姿から、どれだけ沢山の「喜び」や「希望」をいただけることでしょう。昼食や夕食支援・地域での文化交流に関わってくれた家庭・地域・教育を変えていく、確実な「ちから」になると確信しています。

 昨年、12月11日から18日まで実施した第一回ネパール支援・スタディーツアーには、総勢13名の参加を得て、一年間で皆様にご支援いただいた古着やバレーボールなどの物資を、現地に届けました。さらに桜井ひろ子さん・垣見一雅さんの力添えのもと、今回の支援のメインであるサチコール村での横井久美子コンサートは、歌に国境はない…心から心へとつながって大好評・大歓迎をいただきました。横井さんは、12月14日からの第二回スタディーツアーでも、サチコール村で「歌う楽校」を3日間実施してくれます。
  以上、報告させていただきます。         2012年2月1日
リンク
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる