見えない縁が見えてくるとき…

3月24日
 私たちが見えている世界は、本当に狭い小さな世界であることを実感している。その小さな世界の中で、それだけが全てであるかのように、些細なことで右往左往している私たちである。
 秋のお彼岸の時だった、いつも塔婆を三本頼みに来る人がいる。夜だったせいもあるが、最初、名前を名乗られてもわからなかった。あまりにも太っていたからである。
 そして、3月19日に春の彼岸の塔婆を頼みに来た。
「すいません。お金が無いので1.000円減らしました。これでお願いします」と頼む。
「アッ、塔婆はちゃんとするから。」と、渡された封筒からもう千円をとりだして、いつもご先祖を大切にしていただいています。今回はこれだけでいいですからと、1.000円を手渡しました。
「それにしても体がもとり戻ってよかった。なによりだ…」というと、まだもう少しやせないとだめなんですけど…という。「なんでそんなになったの。職場でしんどいことがあるの」と聞いた。
 その回答は、パワーハラスメントを受けているとのこと、そして接客態度が悪いと、さまざまに追求され、この間、仕事中に倒れて救急車で病院へ、血圧が一気に上がったようで…実はいま会社休業中なんです。4月から復帰しようと考えています。
 22日の午前中にきませんか。ゆっくり話を聞かせてもらい、仕事のことも考えを出し合ってみましょう。
 22日に、私は、就職斡旋の仕事をやっている方にも着てもらって相談に乗っていただく段取りも考えました。22日、いろいろと話し合い、23日に新しい職場見学に生かせて貰うことになりました。

 ところがその夜、電話が入りました。
「私は、明日の新しい職場訪問をやめさぜていただいて、やはりもとの職場に戻り3年間は辛抱しないとというのです。
「戻るとしても、明日の工場の見学について、電話で断ってしまえは、もはやご縁は切れてしまうことになります。ともかく、今迷いだしたこと、どうして迷いだしたのかもふくめて明日はよく相談に乗ってもらって、その上で判断したらいいから…」と話しました。
 23日、見学には来てくれたようです。しかし、表情がさえなかったし、現在の会社に行って、4月月から職場復帰させてもらい得ないか…と頼んでみるとのことだったのです。
 しかし、その願いはかなわなかったようです。4月からのローテーションからは、はずれており、4月20日まで待ってもいっせんもお金が入ってこない状態でした。
 そこで、再び斡旋をお願いしてきたとの事です。
 すんなりと転職するよりも、今回にかけた時間は決して無駄ではなかったと思います。 
リンク
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる