ニンニクの種の植え込み第一日目

10月17日
 「てらこや塾農場」の看板ができました。畑の入口に立てられています。好評です。

てらこや農場の立て札

 ニンニク畑は、慶蔵院の前の道路より一段といくい場所にあるため、大雨が降ると側溝をあふれた雨水が畑に流れ込みます。年に何回かのことなのですが、なんとか道路からの水の流入を阻止し、畑の排水をさらにアップする方法として、畑の周囲にかなり深い溝を掘ることにしました。お檀家さんの西野さんが、ユンボで溝をつくりに協力してくれました。10月14日に三回目の耕作を倉野さんにしていただいて、15日に西野さんに溝を掘ってもらったのですから、一気に準備がすすみました。

西野さんとユンボ

 これで先ずは、道路からの雨水の流入は完全にシャットアウトできるはずです。さらに整備につとめます。

溝掘り

 16日、小・中学校と同級生だった晴司君が、マルチシートを張ってくれました。当初は、15日、16日はネギの収穫をよていしているから17日にやってやろう…と言ってくれていたのです。ところが天気予報は17日は雨。17日にマルチシートが張れないとニン人の植え込みがずれ込んでしまうだろう…。だから今日、マルチシートをはってやる…と16日の朝、7時過ぎにいいに来てくれたのです。ネギの収穫日を遅らせて、協力してくれたのです。

マルチを張る晴司さん

 深い溝ができましたから、一年目のときと同じように縦にマルチシートを張ってもらいました。

マルチ

 さて17日、前日にマルチシートが張られ、天気予報は雨ということだったのに、なんと雨はパラパラと降った程度で、種の植え込みには絶好の日和。朝の7時過ぎには準備に来てくれた伊藤先生の采配によって、8時までの全ての準備が完了。
ニンニクの種の植え込みが始まりました。

ニンニク植え

 「てらこや塾」塾生、日本語を学ぶホザーネさんも、手伝ってくれています。

ホザーネさん

 午後からは塾生、りょう君とこうすけ君もきてくれました。

りょう君とこうすけ君

 稲葉先生の授業の前に、さかもとりょう君も手伝ってくれました。

さかもとりょう君
 
 午前15名、午後15名の参加者があり、一気に三万個近くのニンニクを植え込むことができました。今年は、北村さんが香川県産のニンニクの種を手に入れてくれました。大きなっつぶのいい種です。収穫が楽しみになります。昨年はシートいっぱいをつかって、横に7個植えました。しかし今年は、畑をもう一つ耕作して準備しましたので、シートに横に5個とかなり間隔をとって植えこむことにしました。明日の午前中には、すべての種植えを完了できそうです。
リンク
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる