スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーモニカコンサートで「ふるさと」を吹き・うたいました。

6月24日
午前中3時間のハーモニカ講座後半に参加し、フン君とスアン・ホアン君は平島先生と「聖者の行進」を合奏、他の人たちは「ふるさと」を合奏しました。
 そして、お昼ご飯は、みんなでおにぎりと味噌汁を教室で机を並べていただきました。長野から軽トラックに乗って支援にきてくれた堀越さんにも加わってもらいました。
ハーモニカ講座の後の昼食交流

 今日も東海テレビの取材が一日中入りました。子どもたちのハーモニカの練習の様子や食事の様子も記録してくれています。こんなときにも子どもたちは、1時から1時50分までちゃんと昼寝をしました。ぐっすり休んでくれます。ハーモニカ講座に参加されていた83歳になられる橋本さんも、私もお昼には30分必ず昼寝をしていますが、一緒にさせてもらっていいですか…と女子と一緒に昼寝されていました。
おにぎりとお味噌汁の昼食

 2時から、コンサートの開始です。会場一杯になりました。小さい子どもたちも一緒についてきてくれましたが、おとなしくハーモニカが珍しいらしく、よく聞いてくれました。
山口牧さんのハーモニカコンサート

 会場の人たちと一緒に『故郷』と『赤とんぼ』をうたう時には、ベトナムの子どもたちはハーモニカで伴奏をしてくれました。
「ふるさと」をハーモニカで演奏

 コンサートはアンコールもあり、これで終わりますというと、堀江さんが「ふるさと」をもう一遍やってほしいと要望してくれました。これはグッドタイミングで、それならば…とベトナムの子供たちが前にでて、「ふるさと」を日本語でうたってくれました。とてもよい交流になり、東海テレビのみなさんも良い映像がとれたと喜んでもらえたのではないかと思います。堀江さんありがとうございました。
「ふるさと」を歌っています

 コンサート後は、午後に、神戸から支援にきてくれたホーさんとは10年来の付き合いという久保さんはじめ3名の方々と長野の堀越さんも加わって、教室で交流会を持ちました。
ホー先生のお話では「自己紹介の話し方が来日当初からはずいぶんスムーズになりました」と評価して見えました。
神戸の支援者の人達と交流

 神戸に帰られる三人の皆さん長野の堀越さんと本堂の前でみんなで記念写真。
神戸、長野の支援の人達と記念撮影
 
 今晩は、生活支援に来てくださった大野さんが明日には東京に帰られる最後の夜、子どもたちはお別れがさみしいと、大野さんにつくっていただいた夕食をみんなで楽しんで、名残を惜しみました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。