お父さんも授業に参加してくれました。

9月20日
 今日はお父さんの仕事が休みでした。朝8時に自転車に乗せて、エンユウ君を送り届けてくれて、そのまま12時まで、授業を参観されていかれました。
 エンユウ君がお父さんに頼ってしまうようなことがあれば、即刻、お父さんには帰ってもらうようにとお願いして、授業が始まりましたが、エンユウ君は自分で考えて、自分で答えて、勉強を続けることができました。

エンユウ君2日目の授業

 八木先生のオリジナルカードで、ます。ました。買います。買いました。行きます。行きました。どこに行きますか。何を買いますか。パソコンを買います。学校でパソコンを勉強します。…というよう日本語の勉強を、放す。書くというように勉強をしていました。
 今日は、12時前に校長先生が迎えに来てくださいました。
 八木先生は、お父さんに、今日エンユウ君が勉強したカードを渡し、「明日は試験をします。家でもカードを使って復習して下さい。」との宿題を伝えていました。

エンユウ君2日目の授業

 八木先生は、エンユウ君の3時間の授業の展開の記録を、メールで送ってくださっています。貴重な記録です。
休憩時間には、エンユウ君はけん玉の練習をして、とても上手になりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トモ君たちの優しさ

トモ君の相手をするようになっておよそ一カ月が過ぎた頃だったと思います。僕は急に体調を崩してしまいました。何をする気力もなくなり、体が動かなくなってしまいました。
これでは何もできない、トモ君の相手も、もうこの仕事も、と思いこんでしまった僕はてらこや塾を去るとコメントに書き込んでしまいました。
おっさんが心配してすぐ飛んできてくれて、メッセージを母にあずけてくれました。そして僕はしばらく休ませてもらうということに決め、おっさんは了承してくれました。
家で休む日々が始まりました。おっさんが来てくれました。車で。トモ君と一緒に。びっくりしましたが、その時僕は嬉しいとか、わずらわしいとかいった感情は何も湧いてこないで、ただああ来てくれたかと思っただけでした。トモ君は僕の顔を覗き込んで「だいじょうぶ?」そして犬をかまって、まき割りを始めます。おっさんに手本を見せてもらって、トモ君、ヨキを両手で持ちおもいっきり振りかぶり、おっさんのまねをして「ナムアミダブツ」の掛け声でヨキを振り下ろします。からぶり。からぶり。成功。小一時間して二人はお寺へ帰りました。
それから毎日のように来てくれました。トモ君は来るとすぐまき割りを始めます。まき割りが気に入ったようです。おっさんが見ています。けがをしないように。僕も見ています。
いつの間にか僕はトモ君を心待ちするようになっていました。今日もトモ君が来ました。と思ったらリョウ君もいます、キキちゃんも。そして山本さんも。
今、胸の奥から熱いものがこみ上げてきました。今日はこれ以上は書けません。
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる