「はるくま」さんが「子ども会」で感じたことをまとめてくれました。

10月15日
 今日は何回目の断食の日となるのでしょうか。5のつく日の断食の日。しかし、ゆるやかな断食ですから。朝はゴーヤジュース一杯、昼に紅茶一杯、午後水を少々、リンゴを一個まるかじり、夕食にどんぶりいっぱいの味噌汁。これだけ食べていれば、断食とはいえないかもしれませんが、これが私流の断食です。
 「はるくま」さんが、「子ども会」で感じたことをブログにまとめてくれました。下記に紹介します。
それにしても、脱帽です。少し話を聞いて、子ども達の姿を見て、感じたことを、自分たちの絵本や活動とからめて、このように考え、受け止めてくれる感性に、感動しています。
 「はるくま」さんの絵本の世界が、さらに広がりをもち透明性をもって発展していくことへの期待が膨らみます。

「はるくま」さんのブログより

目を閉じて


深く 深く 息を吸って・・・はいて・・・


吸って・・・はいて・・・・



深いふかい 海の底  魚たちは 泳いでいます。


何千年 何億年もその昔 人間たちも えらがあり 海の底で 深く ゆっくり えら呼吸をしていました。


それが 何千年 何億年という歳月が経ち 


進化し 口と鼻で 呼吸をするようになりました。


息をするということは 生きているということ。


自分をみつめ ゆっくり 深く息をするということは とても大切なことです。



慶蔵院の住職 前島先生が 子供会の最後に 話されたことばです。


前島先生の優しくゆっくりした言葉にどの子も 静かに目を閉じて 深い息を感じています。


3つ、4つの子どもも それを感じ 黙っています・・・・。






本日は 小俣町の 「慶蔵院」さんの子供会での たねまき活動。



ワタシの 高校時代の恩師が住職であり ご縁があり これで4回目。



ここのコドモタチは いつも よく観、よく聴き よく感じてくれるコドモタチばかり~


ワタシは そんなコドモタチを感じることができて とっても幸せな時間をいただいている。





おはなしの時間は いつも充分頂いているから 今回はちょっとした


製作活動も取り入れさせていただいた。


となると 少しばかり ハチャメチャに なってしまった部分もあった。




でも おはなしになると きちんと 切り返して おはなしに集中する姿は すごいなぁって感心・・・。


このお寺に通ってくるコドモタチは 生きていくうえで 大切な 「聞く」ことを


しっかり身につけているんだよな~



ステキだ!



ゆっくり 息を吸う はく・・・・・


この慌ただしい世の中


これを感じ 生きている人は 少ないだろう。



ゆったりとしたはなしを聞く。


ゆっくり音楽を聴く。


ゆっくり自然と向き合う。



人が こんな時間を 持つことは 母親のおなかの中での リズムを 思いだし


そのもっと昔の記憶を 蘇らせるために 必要なことなのかもしれない。




自分たちのおはなし活動では テンポや流れを 考えていたけれど


時には ゆっくりした間を持ち コドモタチの呼吸を 確かめることも


大切なのかもしれない・・・・・



「呼吸」のはなしを聞いて そんなことを ふとおもった。




あぁ、学んだなぁ~~




今日の出会いに やっぱり感謝!





出会ってくれて ありがとう


そこにいてくれて ありがとう


あなたに ありがとう


みんなに ありがとう



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる