5の付く日の断食を一緒にさせてほしいと頼まれて

10月21日
 今日、法事にうかがったお家の方から、「なかなか、自分では断食をすることができません。ついつい、ものを口にしてしまいます。おっさんが断食をしている日にお寺で、一緒に断食をさせてください」と頼まれました。
 「いや、私の断食というのは、ただ食べないというだけで、毎日と同じ生活をしているわけで、とくに断食のために何かをしているというわけではありません。しかも最近では、味噌汁を中心に、ジュースやスープ類は、すきなだけいただいていますし、何かに耐えて続けているというものではないんです」と応えました。
 しかし、断食をすることが体にとてもいい…と言うことは、実感してきています。
 さまざまな事情を持った方が、断食を通して、健康になることはすばらしいことです。それで、「なるほど、一度考えて見ましょう。みんなで、本堂で、無理をしないで、私がやってきた方法で、ゆったりと断食をたのしみながら取り組んでいくということもいいことだと思います。どのようにやっていけばよいか、一度考えて、又、連絡をします」と話してきました。
 来年度の計画の中に、とりあえず月一回、お念仏をしたり、映画を見たり、講話を聴いたりしながら、一日をゆったりと本堂にて断食に取り組む日を設定していけばいいかな…と考え出しています。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる