エンユウ君の作文「アンちゃんのなみだ」

10月24日
 「まえじま先生、アンちゃんと散歩にいってもいいですか」とエンユウ君が聞きに来ました。
 「いいですよ。」
 「じゃあ、明日はアンちゃんと散歩にいきましょう」と八木先生。
 
 エンユウ君、今日はアンちゃんのことを作文に書いてくれました。

エンユウ君の作文

        「アンちゃんのなみだ」

 きょうはさむいです。アンちゃんはふるえていました。おなかがすいていました。それで、わたしはえさをやりました。アンちゃんははやくたべました。もう一どえさをやりました。またはやくたべました。もう一どえさをやりました。またはやくたべました。全部で三回えさをやりました。すると、アンちゃんはなみだを出して、しっぽをふりました。
 せんせいが「エンユウ君、はやくきて。アンちゃんがおしっこをしています。」と言いました。けれども私は見ませんでした。アンちゃんの水を入れていました。そして、アンちゃんに水をやりました。けれども、水をのみませんでした。
 あしたアンちゃんとさんぽしたいです。
                       とう えんゆう
         二千十二年十月二四日
 

エンユウ君の作文のイラスト

 これは、エンユウ君の書いたアンちゃんの絵、上から見下ろしたアンちゃんを書いています。アンちゃんは、エンユウ君を見上げて、涙を流して、しっぽを横に振っています。餌箱と水が置かれています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる