エンユウ君の授業を担当しました。

11月6日
 3時間私が授業を担当させていただくことになっていたのですが、朝から枕経が入ってきてしまいました。急遽、八木先生から預かった、中国語を日本語に変えるテストを、妻にしてもらうことにしました。私が枕経から戻るとちょうど1限目の授業が終わったところで、休憩に入っていました。
 エンユウ君がトイレに行きたそうにしていると思ったので、1分早く授業を終わろうとすると、エンユウ君は、時計を指さし、「まだ1分あります」といい、八木先生の張り紙を指さして「時間を守りましょう」と言ったそうです。そして、休憩時間には、折り紙を出して難しい鶴の折り紙に挑戦していました。なかなかできません。時間になると、「時間です。勉強しましょう」とエンユウ君からテストの続きを開始したそうです。
 授業を代わろうと教室にいったのですが、一生懸命にテストをもとに、日本語を考え、間違ったところを訂正して勉強していたので、2限目も、妻に担当してもらいました。エンユウ君は、糸は日本語ではこう書くけれど、中国ではこう書く…などといろいろと説明をしてくれたそうです。
 3限目は私の担当。「月になったウサギ」と「手をあらいましょう」の紙芝居をもっていきました。最初に私の方で、二つの紙芝居を読んで聞かせました。「月になったウサギ」は、まだ言葉か難しく、よく理解できなかったみたいです。でも真剣に聞いていました。「手を洗いましょう」は、よくわかったようです。それで、残りの時間は、「手を洗いましょう」の12枚の紙芝居を全部読んでもらうことにしました。
えんゆうくんの授業

 一字一字をきちんと拾いながら、丁寧に読み進み、12枚の紙芝居を全部読み上げることができました。

えんゆうくんの授業
 
 お昼の学校からのお迎えが到着するまで、玄関で独楽のまわし方を教えました。まず紐の巻き方。投げ方…と。そこに校長先生が迎えに来てくださいました。手を振りながら、元気に登校しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる