11月10日
 日野市まで、仏師のお家の一周忌の法事に出かけました。運転を青井君がしてくれて、法事が終わるまで待っていてくれました。10時からの法事でしたが9時前に到着。準備を済ませて、仏壇の前で、皆さんがお集まりになられるまで、ゆったりと、大念仏をさせていただくことができました。大念仏を初めてしばらくすると、部屋の中まで太陽の光が差し込んできて、部屋が明るくなりました。
 10時からの法事では、先ず最初に、懺悔文の内容についてお話をさせていただきました。浄土宗は、深く自分自身を自省し、南無阿弥陀仏とお称えすることによって仏の心をいただいて、少しでも仏に近づきたいと願う宗教だと思います。
 お経を大人絵した後で、仏師の仕事場を見せていただきました。修復中の三対の五百羅漢と仏様でした。
掻けた手先は漆喰で修理されている途中のものでした。彩色を施しなおすことが一番大変な仕事になるとのことでした。このような修復を順番魔著して稲敷設疎施浮かせも300体あるそうでする

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる