岩松寺さんから「ねこ」を送っていただきました。

12月2日
 岩松寺さんから、以前に提案をいただきました。「ねこ」という背中に背負う綿入れ、袖がなくて動きやすく機能的で美しい…、これを「ばあちゃん茶屋」のみなさんに制作してもらって、販売することで「てらこや塾」の支援にならないか…という提案でした。
岩松寺さん「ばあちゃん茶屋」から届いた「ねこ」
 さっそくに検討をして、冬までに十着分、注文をしました。それがこのほど制作されて送られてきました。どの「ねこ」もていねいに手作りされたもので、さっそくに家族中で購入し、毎日利用させていただいています。これがあたたかいのです。私は、見本で送っていただいたものが一番身体にあっているので、それを衣の下につけたり、はなせなくなって、作務衣の下につけたりして重宝しています。
 さらに追加注文もしました。

「ねこ」についていたタグ

 どのように、どこで販売していくかについて、検討をしています。先ずは、本堂に置いて、お参りの方々に目に泊めていただこうと思います。「てらこや塾」のスタッフにも紹介して、周りの方に広めてもらえればとも思います。今後開催されるイベントの会場での販売、使ってみて「これは良い」と思えば、だんだんとひろがっていくことでしょう。

「ねこ」を紹介した雑誌の記事
 岩松寺さんは、この雑誌に掲載された「ねこ」を見て、「これだ」と思ったそうです。
長野県南木曽町(なき゜そ)にある「ねこ」と呼ばれる背中だけの防寒着。昔から家庭で作られ、農作業や囲炉裏端での内職仕事のときに愛用されてきたものです。ここ十年程の間に若い世代にも広がっているといいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ねこ」を欲しいとのことですので…

赤川さん、「ねこ」のことについて、お問い合わせいただきましてありがとうございます。
今日のブログに、現在3種類、四枚ある「ねこ」を写真で報告します。どうぞご覧ください。
岩松寺さんのお檀家のみなさんが、心をこめてつくってくださった、とてもしっかのした出来栄えの「ねこ」です。
[てらこや塾」への支援として、2000円でお分けしています。よろしかったらどうぞ…。
慶蔵院でホームページを見ていただいたでしょうか。そこにアクセスの方法もでていますので、よろしかったらどうぞ。では、失礼します。
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる