第70回子ども会報告

3月16日
 3月の子ども会は、子どもたちがどんなことでもいいから、自分のできる得意なことをみんなの前で発表することが恒例になっています。そして、第二部は、ビンゴゲームをしてお楽しみの景品をもらう…というもの。
 
 そう君は、早くから出し物をいろいろと考えてきてくれました。創作、桃太郎のお話。一時間の間に、何度も手をあげて、アドリブも交えて、コントをたくさん披露してくれました。
そうくんのコント

 はなちゃんは、ピアノを弾いてくれました。弟さんと一緒に連弾をすることを考えてくれていたのですが、
弟さんが病気になって、今日はお医者さんに行くことになってしまいました。それで一人で、上手に演奏してくれました。
はなちゃんのピアノ

 子ども会では、「はじまりの詩」をみんなで唱和します。作者は金子みすず。トモ君にどの詩が一番好きですかとききました。「私がさびしいとき」とトモ君が応えました。「では、トモ君、みんなの前で読んでみてください」とうながすと、しっかりとした口調で読んでくれました。「仏」の字に少しつまりましたが、じょうずに読めました。
 そこにエンユウ君が登場。「では、エンユウ君は、この詩を読んでください」というと、読んでくれました。
[上の雪、重かろナ。何百人ものせていて。中の雪、さびしかろな。空ねも地べたも見えないて゜…」と読んでいってくれました。日本語の勉強の成果を披露することができました。
トモヒコくんとエンユウくんの朗読

 まだ4歳のゆうた君が、あの落語の長い名前、「じゅけ゜む」を全部暗唱して披露してくれて、みんながびっくり。幼稚園で歌で覚えたんだそうです。落語家になりたかった坂根さんが、横で大感動です。
ゆうたくんのじゅげむ

 みみちゃんは、楽譜を持ってきていなかったのですが、暗譜している曲を弾いてくれました。みんながどんどん発表していくのを見ていて、元気に披露してくれました。
みみちゃんのピアノ

 この三人、何をしようかと打ち合わせ。三人で即興コント、「うらしま太郎」を演じてくれました。りょうくんが亀、二人の浦島太郎に、こたろう君とちひろちゃんが扮しての即興コントでした。
りょうくん、ちひろちゃん、こたろうくんのコント
 特に、打ち合わせや準備をしてきたわけでもなかったのに、次々とみんなが登場してくれて、あっという間に愉しい1時間が経過していました。
 第二部は、坂根さん・平島さんの落語と手遊び歌があって、恒例のビンゴゲームをしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる