ベトナム語放送ですか、日本語放送ですか。

6月12日

 小雨の中を8時半登校です。小俣駅下車、徒歩5分。9時から勉強がはじまります。

慶蔵院に到着

 八木先生の右側、前からアィンさん、ウェンさん。アィンさんは、皮膚の水分が失われやすい体質だそうで、昨日から唇の周りや手がカサカサの状態になってしまって困っていました。朝からみんなに配られた横井さん手作りの「蜜蝋クリーム」。さっそく使ったアィンさん、手放せなくなりました。カサカサがいっぺんにとれたからです。授業の合間に、少しずつ指にとって何度か使っていました。

授業風景

 八木先生の左側、前からホア君、ニャンさんです。ホア君は男の子一人で少々ホームシック気味かな…とたずねていると、ニャンさんがいいました。「だいじょうぶです。夜はラジオをかけっぱなしにしてねていますから」と。ラジオは日本語放送なのか、ベトナム語放送なのか聞くのを忘れました。日本語放送なら、睡眠聞き取り勉強ですね。

授業風景

 お昼はお檀家さんの中里さんが、堀江さんもさそって、昼食支援をしてくれました。奥が中里さん。手前が堀江さん。いつも慶蔵院の境内を掃除してくれたりして護寺してくれている方々です。
 牛どんぶりを買ってきてくれました。キムチと伊勢沢庵とお茶もも合わせて。
 伊勢弁まるだしの言葉の聞き取りは、子どもたちにはまだまだなれなかったかもしれませんが、1000キロ離れているホーチミンとフエとでは、だいぷ言葉が違うこととか、ベトナムには54の民族があるので、それぞれ違った言語体系を持っているとか…話がはずみました。

中里さんの昼食支援

 午後からは、1時から2時までの昼寝の後、一日目の授業についての「漢字書き取りと読み取り」、「聞き取り問題」のテストが二枚ありました。
 それから1時間、CDを使っての聞き取りを行いました。4時からは平島先生が、一人ずつ絵カード3による練習をしてくれました。八木先生からの指示は、絵カードは、どんどんすすめて、一刻も早く完璧に…です。

川端さんの夕食支援
 
 6時から伊勢市内の川端さん宅の食事支援をいただきました。睡眠不足から体調がすぐれないウェンさんは、ホー先生の判断で、「ともいきハウス」に残り養生をすることになりました。ゆっくりと横になり、体を休めることが大切ですから。上記の写真は、川端家での食事の様子です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる