写経会への参加と書道教室

6月19日

今日は午前中が10時から写経、2時から書道と生活体験の日です。八木先生の授業はありません。
いつもどおり登校した子どもたちは、写経の前に漢字のテストを済ませました。出題は、「折り紙」からと「生け花」からの二枚です。それぞれに10題の漢字の読み書きと2題のディクテーションがあります。
 ディクテーションは、一つの文を三回読みます。一回目は普通のスピードで、二回目は区切りをいれてゆっくりと、点や丸の位置もいいます。そして三回目にまた普通のスピードで…と実施します。
 今日の試験中の写真です。

朝の試験

 10時から「慶蔵院第155回写経会」に参加しました。最初にお経・お念仏をお称えします。

写経に参加

 写経が終わると、参加者全員で持ち寄った食事をしながらの座談を行います。この写経会にもアメリカ人クリス君も参加。彼は来日して2日間でひらがなとカタカナを覚えてしまったそうです。みんなには、「発願文」の書き下し文を写経してもらいました。しっかりした字で写経してくれました。為書きもそれぞれの思いを書いてくれました。
 食事は、山菜おこわに堀江ご夫婦手作りの団子入り味噌汁、江崎さんのポテトサラダ、他にはとうもろことしやお漬物、ゼリーなどが並びました。お茶はいただいたフエのベトナム茶を入れさせていただきました。

写経の食事会

 今日は2時から本堂でお葬式、写経が終わるとすぐにお葬式の設営…。ですから本堂での昼寝ができません。教室で2までクリスやホストの前芝さんと交流。
 教室では2時から野崎先生、若き日展作家による書道教室が4時まで。野崎さんは、子どもたちに最初に自分の知っている好きな字を書きなさいと指示。
 みんなそれぞれの思いを持った字を書きました。

書道・ウェンさん「合格」「家族」

 子どもたちの書いた字の一枚、一枚に手本を書いてくれます。こんどはその手本を見て、再度練習します。
アィンさんは、心と書きました。

書道・アィンさん「心」

 クリスは漢字がわかりません。覚えたばかりのカタカナで自分の名前を書きました。それにも先生が手本を書いてくれます。手本を見て、練習です。
 
書道・クリス君「クリス」

 ニャンさんは夏です。

書道・ニャンさん「夏」

 ホア君は、母です。ホア君は写経での為書きにも「お母さんの病気が早くよくなる」ように願っていました。

書道・ホア君「母」

 全員の作品です。書道教室はもう一回7月に実施されます。最後には色紙を完成させると野崎先生。先生もとても楽しんで授業をしてくださいました。

書道の野崎先生と一緒に記念撮影

 夕食支援は、キキちゃん・ワタル君宅の中山さん。たくさんの手巻き寿司を用意してくれました。生ものもOKでした。そういえば、昨年の中山さんのお宅でのテレビ取材中にミン・ホアン君の発言がスクープされたことを思い出しました。お刺身など生ものも好きですというところを「生ゴミが好きです」と発言、キキちゃんのお母さんが「ぇっ、生ゴミ」と返したのが報道されました。いわゆるスカラシップ伝説の「生ゴミ事件」です。

中山さんの夕食支援

 今日も長い一日でした。昼寝が2回できませんでした。高校生になるとあまり眠らないのだそうですが、身体をやすめてもらうために、1時から2時の昼寝タイムは、確保していかなければなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる