ジャンケンで決めました。

6月23日

 日曜日、朝から子どもたち4名で、少し離れたバローという大きなスーパーまで買い物に出かけたようです。ともいきハウスに帰る約束の時間は11時。11時半には2名に昼食の食事支援をいただいていて、車で出発しなければならないからです。
 妻が迎えに行くと「ともいきハウス」に向かって息を切らせて走っている子どもたち…。11時半です。
 道の角でホー先生が仁王立ちでこちらを見ています。

 「どうして時間を守らないのですか。11時に帰ると約束したでしょう」
 「道に迷いました」
 「言い訳はだめです」
 「こんなことでは、これからは外出は禁止です」とホー先生からの大目玉をいただいた子どもたちでした。

 うち、二人は食事支援をいただくために車へ。誰が昼食をいただきに行くかはジャンケンで決めたそうです。
参加者はホア君とニャンさん。
 車の中でもしょぼんとしている二人に、妻が言ったそうです。
「ハイ、今から平本さんの所に行きます。そんな顔で行ったら、平本さんがどうしたんだろうと心配します。元気をだして、笑って、笑って、ニッコリして…」
 平本さん宅に到着して玄関で記念写真を撮らせてもらいました。お孫さんと一緒にまず一枚。
ホア君、ニャンさん、笑えていますか。

平本さん宅で昼食支援・みゆちゃん、まさき君と

 それから家族の皆さんとも一枚。食事をいただきながら、家族のみなさんから一杯質問が出たそうです。子どもたちからも日本のお正月の料理などについて質問をしたそうです。それから、動物園に行きたいとも・・・。
平本さんの奥さんからは「私たちがが質問ぜめにしましたから、ゆっくりとご飯を食べてもらえなかったのでは…」と言われました。
 とんでもない。質問をどんどんしてやってもらうことが最高の勉強になります。ありがとうございました。

平本さん宅で

 夕食の支援は戸上さんのお宅へ。行きはお宅まで送りましたが、帰りは慶蔵院まで戸上さんが送ってくれました。この夕食支援への参加者もジャンケンで決めたそうです。ともいきハウスに残ったのはニャンさん。
 この日お寺の仕事が大忙し、子どもたちを「ともいきハウス」に迎えに行くことができません。5時半までに電車に乗って慶蔵院まできてもらうようにお願いしておきました。ホー先生にも連絡しましたが、昼食支援の帰りに妻がニャンさんにも頼みました。
「ニャンさん、夕食に行く3人の人には5時半までに慶蔵院に電車に乗ってきてくださいと伝えてください」と。
するとニャンさん、「電車、いいなぁー」
「ニャンさんは電車が好きですか」
「好きです。ベトナムには電車がありません。列車はあります」と。
そのとき、妻は、電車と列車とどうちがうのかな…と思って聞いていたそうです。
これだけの会話ができるのです。
その電車が好きなニャンさんは、ジャンケンで負けて、電車に乗れませんでした。また月曜日に乗れますから…。
子どもたちは今度は遅刻することなく、5時過ぎには教室に到着しました。境内ではお通夜の準備が進んでいる最中でした。
 戸上さん宅に到着。玄関で記念写真。三人姉妹のお宅です。高校生どうしです。話が弾んだことでしょう。
高一のチカさんは、中学生の間、慶蔵院の「てらこや塾」の無言塾で勉強しましたし、いまも月二回の大人のための講座「源氏物語」に参加してくれています。

戸上さん宅で夕食支援

子どもたちが撮ってくれた夕食の写真です。子どもたち通しの話が尽きなかったようです。また次回に…ということでお開きに…。慶蔵院まで送ってもらいました。

ちらし寿司

 昼間に、ともいきハウスに残った二人、アィンさんとウェンさん…。
11時の約束の時間を送れて叱られましたから、
「私たちの昼食は静かでした。だまったままでした。ホア君とニャンさんは逃げました」
二人は、平本さんの昼食支援を受けましたからね。
ホア君は、夕食も支援をいただきましたから、二回とも逃げましたね。

 約束の時間、そして就寝時間など、これからはより自覚して時間を守っていきましょう。最後にはホー先生に褒めてもらえるように…。もうすぐ日本のお母さん、大野さんも「ともいきハウス」に来てくれます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる