野崎先生による二回目の書道教室

 7月3日

 午前中3時間の八木先生の日本語指導を受けた子どもたち、お昼は日本のお母さん、大野さん手づくりのお弁当をいただきました。夕べ作った「フエのスープ」もペットボトルに入れて持参。あたため直して一緒にいただきます。朝から慶蔵院の台所で預かっていたので、スープに目がない私は、ちょっとカップ一杯分を内緒で失敬していただくことにしました。しっかりと温めなおし、ゆっくりと味わいました。
 生姜がよく効いています。香草が混じりあっていておいしいスープでした。ウェンさんか「もう一度明日も飲みたい」ということで持参したそうです。やはり故郷の味なのでしょう。私にとっても、忘れられない味となりました。伝授してもらいたいと妻にレシピを聞いてもらいました。
 大野さん曰く、「フエから持ってきたスープの元を入れて作ったら、こんな味になった…」とのこと。来年のベトナムでは、このスープの元を手に入れてくることにしたいと思います。
 ウェンさんは生野菜が苦手です。しかしこのスープで野菜の栄養を吸収しているのでしょう。いいスープです。

大野さんのおにぎり弁当とフエのスープ

 午後2時から、野崎先生の書道教室が始まりました。最初は、先生手づくりの、各自の名前のカタカナ練習プリントによる訓練。集中して練習しています。野崎先生が、添削してくれます。「OK、じょうず、百点満点…」と元気な声で、野崎先生が褒めてくれます。

カタカナの名前練習

 書道の基本が全て学べる「永」という字を練習しました。
 この足元に置かれた字は、アィンさんが一生懸命練習したものです。野崎先生が手本を書いて指導してくれます。そして、よくできたところを褒めてくれます。

練習中・アィンちゃん

 これは、ホア君が練習した成果です。

練習中・ホア君

 ニャンさんの書いた字です。なかなかこのように、真っ直ぐな線を、筆では書けないのですが、縦線がスッと伸びています。

練習中・ニャンさん

 ウェンさんの書いた字です。集中力が現れています。

練習中・ウェンさん

 これが野崎先生が作成してくださった、カタカナと「永」の字の練習プリントです。各自それぞれの名前をカタカナで練習できるように作られています。

カタカナと漢字の書き方基礎練習

 各自、色紙に清書した文字を手に持って野崎先生と記念撮影。ニャンさんは、オレンジの色が好きで、朱で清書しました。字は各自が好きな字を選んで書きました。最初の創作です。

 野崎先生は、記念にと全員に消しゴムを使って、一人ひとりの「落款」を作ってくれました。各自の作品に、ちゃんと押されています。

 創作も見事、練習した字も見事…、大野さん、前芝さんが感心していました。野崎先生ありがとうございました。

野崎先生と記念撮影

 書道教室には、クリス君も前芝さんと一緒に参加してくれました。彼は、草書に興味を持ってどんどん自分で好きな字を選んで書いていきます。型にはまらない自由な字を書きたがって練習していきます。野崎先生、それぞれの興味に応じて指導をしてくれています。写真は、カタカナ練習中のクリス君です。

クリス君の練習風景

 クリス君が慶蔵院に色紙のプレゼントを持ってきてくれました。それには、木魚の絵が描かれていました。インターネットで調べながら、木魚を選んで、遅くまでかかって仕上げてくれた色紙だそうです。この色紙にも、野崎先生が作ってくれたクリス君へのプレゼントの「落款」が押されました。上記の野崎先生と一緒に撮った全員の記念写真で、野崎先生が持っていてくれる色紙がクリス君が描いてくれた木魚の色紙です。

 7月21日のお別れ会の日、クリス君は広島に行っていて参加できないのですが、前芝ご夫妻は、横井さんのコンサートにもお別れ会にも参加していただけるとのことです。

 毎日、この報告をご覧いただいている皆さん、ありがとうございます。
昨日より、21日の横井久美子コンサートのチケット前売り2500円、お別れ会への参加協力費1000円の申し込みを開始いたしました。お時間ありましたら、どうぞご参加いただきますようによろしくお願いいたします。
コンサートチケットは、昨日1日で10枚販売できました。早い目にお求め下さい。

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる