午後からは三宅先生の監督とアドバイスをいただきました。

7月9日
 8時半、今日も漢字とディクテーションのテストで一日が始まりました。朝から暑くなりそうです。

 9時から八木先生の授業、先生も子どもたちの次の電車で、8時半過ぎには、歩いて、しかも沢山の資料を持って「てらこや塾」にきてくださいます。到着して「一会館」で授業の準備、9時に教室に入られます。
 元気に、12時過ぎまでの授業が続きました。

 子どもたちも、宿題の作文、かなりたくさん提出できました。

 午後、1時からの昼寝、暑さの中、4人とも本堂でぐっすり…。

 フィリピンからのアイリンさんの授業を担当してくれている三宅先生とこの間に、広島行きの日程表の最終打ち合わせを行いました。打ち合わせが2時を回ってしまいました。

 自分たちで起きたホア君とウェンさんは、教室で自習、本堂に行くと、アィンさんとニャンさんはまだぐっすりでした。

 三宅先生から差し入れのシュークリームをいただいて、まず目覚ましの八木先生からの午後一番のテスト。
読み取り問題です。時間は15分から20分で…の指定があります。三宅先生に監督をしていただいて、シュークリームでもまだ目が覚めないニャンさんへの目覚ましテスト…。15分少々で、全員が、全て問題を解き終えることができました。

 試験監督中の三宅先生です。

三宅先生の授業

 試験終了後、6時に食事支援に出るまで、子どもたちは作文に取り組みました。分からない文字や表現などを三宅先生にアドバイスしていただきながら、作文をまとめました。

 広島旅行についての話も聞かせていただいて、「広島行きが楽しみです…」と子どもたち。

 7月1日に伊勢神宮の案内をしてくださった西川さんへの子どもたちの礼状に、西川さんからお返事をいただきました。宇治橋の絵葉書に書いてくださいました。

 西川さんからの葉書

 夕食支援は、西世古さんのお宅へ。子どもたちが到着すると、入り口で柴犬の「むぎ」ちゃんが迎えてくれました。知らない人には吼える番犬だそうなのに、吼えません。写真を撮る間も尻尾をふりながら子どもたちの方ばかり見ていて、カメラの方を向いてくれなかったそうです。西世古さんの夕食支援


 この犬、10年ほど前に西世古さんが保健所に行って、処分される前にもらってきた犬だそうです。檻の中から、「私を助けて…、私を連れて行って…」と目が訴えるそうです。目と目が合って、心が通じ合い、「この犬をもらおう」と思うのだそうです。家に連れて帰ると、もう何年も一緒に暮らしていたかのように家に居ついてくれるのです。この犬の前の犬も、保健所から、そのようにしてもらって来たそうです。
西世古さんの愛犬・ムギちゃん

 子どもたちも夕食をいただきながら、西世古さんから、いろいろとお話、聞かせていただいたのではないでしょうか。

 帰りは、息子さんが「ともいきハウス」に子どもたちを送り届けてくださいました。お世話になりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる