ほんとうの「おもてなしの心」とは…

9月8日

妻と二人で、行きつけのメガネ屋さんに出かけた。行きつけといっても私にとっては、二回目のメガネ。妻も最初は私が勧める眼鏡のチェーン店で、年のせいで必要になった一回目をつくった。
 
 しかし二回目からは、母親と一緒に、そう40、50年も前からずっと父親が贔屓にしていたメガネ屋さんに行って、つくったメガネを気にいった。そしてメガネをつくるならここがいい…と私にすすめる。

 現在つかっている私のメガネ、このお店でつくった。たしかにいい。このことをブログに書いたことがある。すると何人かから問い合わせをいただき、メガネの売り上げに、私も一役買ったことがあった。


西里さんの絵「地蔵堂」

 近眼の私にとっては、現在、本を読むときはメガネをはずして読む方が良く見える。ここ10年来、そうやってきた。しかし、これがまた不自由なときがある。手もとの本から、少し先の字を同時に読めるメガネがほしくなってきた。妻に言うと、メガネをはずすと手元は何も見えない。もともと遠視であったからだ。しかし手もとの字が読みやすいメガネがほしいという。そこで二人してメガネを買い求めにでかけたのである。

 このメガネ屋さん、古い商店街の中にある。多くの店がシャッターを閉めてしまっいる中で、生き残っているお店。昔からの馴染みのお客さんがあるからなのだろう。私たちが訪れたときにも、一人の老人が、検眼をしていた。そしてもう一人、松坂から来たという元気な女性客が待っていた。もう70歳を越えていると語ったが、待ち時間、楽しく話がはずんだ。しかしもっぱら私が聞き役に回ったのだから、どれだけすごい人かおわかりいただけよう…。

 今日ブログを書こうと思ったのは、この人のことではない。お店に入るまでの出来事…。

 生き残っている店によって商店街を復活させるための努力がつづけられている。夏の夜店などもその一つ。駐車場を確保するため、無料券を発行したり、車道から駐車場に車を止めて、商店街を歩かなくても直接、自分の店に入ることができるように店の入り口を表と裏の両方に設けたり…。

 商店街の方よりも、裏側の道路の方に、看板を大きく掲げ、無料券発行・駐車無料…などと呼びこみに必死な店がある。たまたま私たちの車が、その店の前の、スペースに車を止めることになった。そこから商店街の入り口までは、100メートルほど戻らなくてはならない。そして、メガネ屋さんは、目の前の店の表側にほぼ対面している。

 車を降りる前に、かなり激しく雨が降り出した。傘をさしながら助手席から先に降りた私が、ちょうど店のまえにいた女性店主かベテランの店員さんかに、近寄りながら声をかけた。

 「いや、急に雨が降り出して…。メガネ屋さんに行くんやけど、このお店を通り抜けさせてもらえませんか…。」と。こちらから商店街の通りが見えている。

 自分のお店に来てくれた思ったお客を迎えようと思ったら、店を通り抜けさせてくれないかと言われて面食らったのだろうか…、女性は「アッハッハッ…」と笑って、少し間をおいて、「店の中が濡れるし…」と言葉を濁した…。「それは、どうも…。では、ぐるっとまわることにします」
 何を話しているのかと近づいてきた妻に、「行こか…」と商店街の入り口に向かって歩き出した。

 通らせてくれと頼む方も頼む方だと思う。しかし急な雨。かなり激しい雨。確実にアーケードまで歩けば濡れる。

 「店を通らせてくれと客が頼む。同じ商店街のともに生き残りをかけているメガネ屋に行くという。自分の店で買い物をするわけではない。しかし、店に入ってくれるだけで縁ができるではないか。『どうぞ、どうぞ、お通り下さい。雨の中をよく来てくれました。これからもどうぞご贔屓に…』と挨拶を交わせば、こんどはこの店にも来ようということになるもんだ…。どうしてそれが出来ないのか…。これでは商店街の再生は難しい…。自分の店だけを守ろうとしてもあかん。僕が店主なら、喜んで店を通すなぁ…。」

 余裕がないのか…。人が好きでないのか…。客でなければ人でないのか…。客は相手にするが、人を相手にしなけば、人はつかない。…ということは客は来ないということだ…。

 伊勢の「おもてなしの心」が宣伝されて久しい。しかし、みな客を相手にしている「おもてなし」にすぎない。
これでは伊勢の再生も「おもてなしの心」の復活ものぞめない。
 人だ…。人を大切にする心だ…。あのベトナムの子ども達の「心遣い」から学ばねばならない。
しなければならない寺の役割が大きい…。


 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる