20日のニンニクの植え込みに向けて…。

9月17日

20日と決定されたニンニクの植え込み日に向けて、「てらこや塾」生徒たちに代わって植え込みを助けてもらえる人の心当たりを探しました。8時のお墓参り、その後の寺参り、10時と1時の法事の中でも、この話を出しました。

 ずっと親戚のおばあちゃんのお世話をしてきて、今日がおばあちゃんの満中陰の日となったキーちゃんこと、私の高校時代の教え子は、「ちょうど母の目医者への送り迎えが入っているのですが、時間の調整をして手伝います」といってくれました。

 3回忌を済ませた長谷川さんも「退職して家にいますからいいですよ。手伝います。朝7時前に行きますよ…」とご夫婦で来てくれることになりました。

 帰りにいま仕事をさがしている田中さんのところに寄りました。まだ仕事がみつからない話や、長女のユキちゃんの就職先をどうしたらいいか、高校二年のコウヘイ君の進路についての相談を聞きました。

 「就職先というわけではないけど、少々のアルバイトにはなると思うけど、ニンニクの植え付け、時給アルバイトで助けてくれない…。」

 「ちょっとでも助かります。ユキといっしょに行きます」と言ってくれました。

 2時半に帰宅するとちょうど三宅先生とアイリンさんが日本語の勉強中。20日はちょうど午後から日本語の勉強のある日、午前中に出てきて手伝いますとアイリンさんが言ってくれました。アイリンさんも、アルバイトになるのはとてもうれしい…とよろこんでくれました。

 4時前、朝日新聞の夕刊をくばっている山本君、今日は配達の合間に声をかけてくれました。

「よいところに顔をだしてくれたなぁー、お母さんに手紙を書くから渡してくれないかな…。20日にアルバイトを頼みたいんだ…。」
 玄関で手紙を書いて手渡すと山本君、「ぼくも来てもいいかな…。お母さんの都合がつかなかったら無理しなくてもいいかな…」

 「二人で来てもらえれば、それはとってもありがたい。無理しなくてもいい…。来れたら来てね…」

 夕方お母さんからの元気な声の電話「お寺さんですか。20日、二人で行かせていただきます。私たちの仕事まで考えてもらってありがとうございます」
 「いえいえ、こちらこそ、助かります。よろしくお願いします」…電話をいただいてうれしくなりました。

 夕飯をたべていると田端くんが来てくれました。
 「昨日、奥さんに、20日は仕事の方は休んででも手伝います…と言ったんですが、今日、作業所に行ったら、
15日、16日が台風でできなかったことがあったんで、20日が休めなくなりました…。手伝えなくてすみません」と言いに来てくれました。

 「ありがとう、ありがとう。わざわざと…。人手はいま探しているから大丈夫です。これからもよろしくお願いします」

 田端君は、14日のマルチ張りの日にも昼から様子を見に来てくれて手伝ってくれました。15日がどうなったかと心配して聞きに来てくれて、20日に延期になったことを妻に聞き、それでは人手が足りないだろうから自分が手伝いますと言ってくれていたのです。

 山椒

 以上の人に北村さんと相棒の山口さん、それに私を入れたら、人数はそろってきました。まだ何人かに声をかけることができるでしょう。
 今回は、「てらこや塾」のみんなと一緒にワイワイと楽しく植えつける夢は消えましたが、でも新たに可能性が見えてきました。
 やはり、再就職が困難な人たちの仕事場を自分たちで作り上げることの必要性や不登校・引きこもりからそのまま就学年齢を過ぎてしまった人たち、自分に合った仕事を探して、もっと時給の良い仕事がしたい…と願っている
人たち…に応えることのできる仕事場の必要性を感じました。

 秋の落葉の季節です。お寺の境内から道路、ご近所の庭…に飛び散った落葉を1時間、2時間と掃除をしてもらうアルバイトの仕事をつくり、たいした額ではないですが、それでも「助かる」と喜んでもらえる人に、集まってもらい、冬までの仕事をつくる…。これならすぐにでもできる仕事場…。堀江さんや中里さんらともその必要性について話し合ってみたいと思います。

 1時間や2時間掃除をして間に合うものでもありませんが、人が動いていることが大切…。私は7時前に一回。
8時から10時はアルバイト…合間に顔をだしてくれた堀江さんや中里さんたちがいつものように…と時間を棲み分けて…。こんなことを考えさせられました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる