スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間を見つけては、今日も畑に

10月8日

 9時、9時半、10時半、11時とお寺の仕事を済ませ、1時間ほど畑にでた。北村さんは朝7時前には来てくれて、ニンニクの埋め戻しを続けてくれている。

 「本業の方はいいんですか…。最後に植えたところは大丈夫だと思っていたんですが、やられています。朝早く来るんでしょうな…。これまでこんなことを聞いたことがなかったんですが、対策をしなければ…。ニンニクが見えていなければ大丈夫だと思うんですが…」と。

 北村さんが立ちあがって、最後に手仕事で横に張ったマルチの西側で抜き出されて並べられているニンニクを示してくれた。

 「ここは、かなり深く植え込んだところなんですが、それでもやられていますから」と北村さん。

 私が昨日埋め戻した続きを全部済ませ、次の列のマルチを半分以上、埋め直してくれている。

 「次は2時からですから、1時間はできます。」と私も作業を開始。私はカッパを来ているのですが、北村さんは普段着のまま、雨に濡れながらの作業。風邪などひいたことがないそうだから大丈夫でしょう。

ミズヒキソウ

 午前中に、畦地さんが隣の畑の草刈りを全部すませてくれたようで、宮川の堤防までつづく畑の草が刈り敷かれている。早く、ニンニクを埋め戻し、排水溝を整備して、自然栽培の方の仕事を開始しなければ…と思う。

 ニンニク畑に添ったところは、残ったニンニクを植え、その奥から堤防にかけては、小石が多い乾燥土壌なので、ジャガイモなどを、手前は少し高くなっているニンニク畑に流れ込む水の排水溝を整備すれば、のこりは良く越えた土地。なんでも栽培できるのではないか…と思える。

 専門の中尾さんに排水の切り方について、相談して力をかしてもらうことにしたい。

自然栽培は、どこに何を植えたか印をして、足の踏み場になる通り道をちゃんとしておかないといけない。

 3時半からもカッパを来て畑に出た。4時半ころ[てらこや塾」に来た、キララさんが「先生、理科の宿題教えてください」と畑までやってくる。
 仕事の切りをつけて、上がっていくと、「もう、わかった。リョウ君に教えてもらった」という。

[今からオムライス作るから、キララちゃん、料理する…」と妻。「よし、今日は料理教室や。おっさんは、もう一度畑に行くから」。

 6時前、道からキララが「おっさん、ごはん」と呼びに来た。返事はしたが、仕事を続けていると、しばらくして今度は、雨でドロドロの畑の中まで入ってきて、傍に来て「ごはん」と呼ぶ。

 オムライスを一緒に食べた。玄関でドロドロになった靴を脱ぎ、靴下も脱いで、濡れた足を拭いて上がらなければならなかったキララ、かなりの量のお皿いっぱいのオムライスを平らげると元気に帰って行った。何度も呼びに来て、早く食べたかったのだろう。

 妻が料理をしながら、カラスの被害について話したらキララさんが言った。「カラスも生きているんやから、カラスばかりが悪くない」と。食事中に妻がこのことを伝えようとするとキララは、「いかん、いかん、言うたらいかん…」と一生懸命さえぎろうとした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。