「てらこや塾」の子どもたち その②

11月12日

 伊藤先生生が11月9日に開かれた小俣小学校の文化祭に出かけてくれて、子どもたちの作品の写真を撮影してきてくれました。その一部を紹介します。

 小俣小学校の5年生は、毎年、慶蔵院の境内の写生をして文化祭に展示するのが恒例です。今年も、5月の中旬に何回かに分けて写生にきてくれました。

ひろと君の作品です。

ひろと君の作品

同じく、ひろと君です。

ひろと君の作品

ゆうや君の作品です。

ゆうや君の作品

りなちゃんの作品です。

りなちやんの作品

ききちゃんの作品です。

ききちゃんの作品

同じく、ききちゃんです。
ききちゃんの作品

こたろう君の作品です。慶蔵院の鐘楼です。

こたろう君の作品

かえでちゃんの作品です。慶蔵院の山門です。

かえでちゃんの作品

しょうご君の作品です。慶蔵院の地蔵堂です。

しょうご君の作品

きららちゃんの作品です。

きららちゃんの作品

同じく、きららちゃんです。慶蔵院の山門です。

きららちゃんの作品

ゆみちゃんの作品です。

ゆみちゃんの作品

りょう君の作品です。

りょう君の作品

同じく、りょう君です。慶蔵院の地蔵堂です。

りょう君の作品

ゆうや君の作品です。慶蔵院の本堂です。

ゆうや君の作品

 皆さんが写生に来てくれた時に、6月にネパールを支援している垣見一雅(OKバジ)さんが来てくれます。ぜひ、みなさんに、ネパールの村の様子や支援のことについて話を聞いてほしいと思いますと挨拶をしたことがきっかけで、6月28日に5学年全員に2時間時間OKバシさんの話を聞く機会をつくってもらうことができました。
 このときりょう君が、いろいろと発言をしてくれました。りょう君は、これまで慶蔵院で3回以上、バシさんや桜井さんの話をきいていますから、道具の使い方やネパール語、生活の様子を知っていたからです。
 翌日、29日、バジさんが東京に帰る時、伊勢市駅のホームで、再び、りょう君、バジさんにあったそうです。
ホームのこちら側から、「バジー」と声をかけたそうです。それはまるでネパールの村で子どもがバジを呼ぶような感じだったそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる