スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月16日「涅槃会」で、急遽「落語」を二席…。

2月16日

 15日、昨日の大雪で長野の電車が全部止まってしまい復旧の見込みがなく、茅野からきていただくことになっていお説教師の渋谷上人がこれなくなりました。
 しかし、15日、子ども会に来てくださった安楽寺の佐藤上人が、代役を引き受けてくれることになったのです。15日、お昼に、渋谷上人から伊勢に行くことができない旨の電話をいただいたとき、目の前に安楽寺さんがおられました。
 「そうだ、あしたの涅槃会で、涅槃図の前で、子ども会でやっていただいたように、落語を二席やってもらえませんか」とお願いしたところ、快く引き受けていただくことができたのです。
 なんと、天の助け…。渋谷上人に、これで安心していただけます。渋谷上人には、来年の涅槃会でのお説教を、あらためてお願いしました。

 安楽寺の佐藤上人、落語はお説教の中から始まったもの、400年前に安楽というお坊さんが、お説教の間に、眠りを覚ます為の面白い話、今の小話のようなものを始めたことが落語の始まりなのです…と、醒睡なんとかという本がのこされている、その中からと落語をはじめてくれました。

涅槃会

 会場は爆笑…です。安楽寺さんも、大変やりやすかったですと、午前・午後の二席、参集して下さった皆さんを楽しませてくれました。
佐藤上人の落語

 大学時代から落語を追求してこられた佐藤上人、持ちネタは14話ほどあるそうですから、子ども会とあわせて、これで三席、以前子ども会で一席していただいていますが、あと10回は、聞かせていただけるわけです。これからも、安楽寺、佐藤上人の「落語を聞く会」を開催していこうと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。