スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華道に挑戦しました。

6月30日
 大阪から来ていただいて二日間支援いただいた東さんからメールが届きました。紹介します。

おはようございます。2日間の支援の余韻があたたかく残っている今朝の目覚めです。ともいきハウスでの2日間、本当に楽しい時間でした。
帰りの電車で2日間のあれやこれやを思い返し、反省も含めて3人で話が盛り上がること。「私たちのほうこそとてもいい経験をさせてもらったね」というのが
3人共通の感想です。
 昼食支援、1日目の「巻き寿司」2日目の「ささみカツ&ポテトフライ、味噌汁」 作りすぎたかな?と並べる端からあっという間に平らげて
くれたので作り手としては最高でした。ラップを使った巻き寿司づくり、梅干風味、青じそ、おかかの味にも果敢?に挑戦してくれました。若い胃袋は柔軟
で貪欲ですね。
 紙芝居、読み聞かせの後半部分は絵本を4冊読みました。 『おかわりパンツ』失敗しても失敗しても「いくらでもおかわりはあるよ」のメッセージ。軽妙な田川
さんの語り口に子どもたちから笑いが溢れます。『えぞしかのたび』動物たちのたくましい、しかしちょっと悲しい自然のおきてを迫力ある美しい版画絵本で表現。
しんとして聞き入っていました。『大阪うまいもんのうた』植野さんのジェスチャー混じりの楽しい語り口に引き込まれる子ども達。たこやき、餃子、お好み焼きのジェス
チャーのお返しにベトナムのゆびきりげんまん、ナンバーワンなどのジェスチャーを教えてもらいました。そして最後は『ほしのはなし』 これはじっくり聞くお話。
 大きく広がるしかけ絵本で、天の川がいっぱいに目の前に現れると「おお~」と歓声が上がりました。難しい言葉、馴染みのない言葉もあったかと思いますが
そこは絵本、「絵」が補ってくれたようです。いい絵本は万国共通に伝わるのかなあと改めて思いました。
 そして「切り絵」 ウー君、折り紙と一緒で自分のイメージと感性を大事にして最後まで丁寧な作業ぶりでした。ヒューさん、正確で早く、山本さんへのプレゼント
分も作ってくれました、ありがとう。ユイくん、五感を総動員して最も早くできました。細かいところの仕上げも見事。ハーさん、年齢が若い分、手仕事は他の三人より経験が少ない様子でしたが、根気よく粘り強く最後まで頑張りました。  みんなとても素敵な『あじさい』の切り絵ができました。4人の集中力の高さに脱帽です。
 充実した2日間を過ごさせていただけたこと、ベトナムの子どもたち、タン先生、前島先生はじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました。東はまたコンサートの
日に行かせていただきます。また皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

 今日の午前中の日本語授業のテーマも華道、八木先生は華道の道具を教室に持ち込んでの指導をしてくれました。
お昼はお隣の奥山さんによるお好み焼きと焼きそばの支援…。子どもたちが勉強中に「一会館」に、写真のように準備をして子どもたちを待っていてくれました。


奥山さんのお好み焼きの準備

 本格的な大阪本場のお好み焼きです。子どもたちは粉を練って、練ってして、やっと焼き始めました。

お好み焼き焼けてきました

 お好み焼きが完成して、「いただきます」の前に、全員そろって記念撮影。

お好み焼きができました

 お好み焼きの後は焼きそばです。

焼きそばも作ってもらいました

 焼きあがった焼きそばを、生卵をからめていただきました。この間話がはずみ食べ終わったのは1時半、楽しい時間でした。奥山さん、こんどは餅入りのぜんざいを食べさせてくれるとのことです。

焼きそばもたくさんいただきました

 3時からは、伊馥寺さんでの稲葉先生による盛り花の指導…。型を基本に、一人一人に丁寧に指導をしてくださいます。

稲葉先生の生け花指導

 生け上がった華を先生が点検し手直しをしてくれました。

一人ずつ丁寧に指導

 ヒューさんの生け花です。

ヒューさん

 ハーさんの生け花です。

ハーさん

 ユイ君の生け花です。

ユイ君
 
 ウー君の生け花です。

ウーさん

 生け花が完成して、稲葉先生、伊馥寺の和尚さんと一緒に記念撮影。

稲葉先生と伊馥寺さんも一緒に記念撮影

 夕食の前に本堂に上がり、講話をいただきました。阿弥陀如来の右目が大きくうるんでいるのは慈悲の姿を現し、左目が鋭いのは智慧を表している…。慈悲は観音菩薩にあたり、智慧は勢至菩薩にあたる…という説明をきいている子どもたち。

伊馥寺さんの本堂で法話

夕食は伊馥寺の和尚さんが自ら煮込んでくれたカレー、筋肉を8時間焚き込んでキャベツも焚き込んであるカレーです。

伊馥寺の和尚さんのカレー支援

 夕食後、再び本堂でハーさんとウー君がピアノと歌を披露、若住職さんが、太鼓で般若心経を称えてくださいました。

伊馥寺の寛真さんの太鼓

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。