美杉「慶幸庵」での山村体験三日目

7月7日
 午後1時すぎに子どもたちを迎えに二台の車ではしりました。松阪から中川、白山をへて名松線沿いに美杉の石名原まで1時間半…。到着するとちょうど子どもたちは、お弁当持ちのウォーキング、森林浴セラピーからもどったところでした。天候の加減から山登りを避けて、川上神社から川沿いにかなりの距離を歩いたようです。今年もガイドをいただいたのは、森林浴セラピストの中林カオルさん。いろいろと説明をしながらみんなを歩かせてくれました。
 小滝さんが蒸してくれた三時のおやつとヨーグルトをいただいて、三時半、二泊三日お世話になった小滝ご夫婦とお別れして「ともいきハウス」にもどりました。 「ともいきハウス」での食事用にと[お米」の差し入れもいただきました。ありがとうございます。

 写真ははタン先生がメールで送ってくださった、昨日の活動の記録写真です。
七夕飾りをしました。今日、迎えに行った際に、書かれてあった短冊を写真に撮ってきました。

 七夕飾り

 今日、三時のおやつに、小滝さんが蒸してくれてたべさせていただいたのが、昨日こうやって子どもたちが作った「茗荷だんご」です。

茗荷だんご作り

 こんなにたくさんの「茗荷だんご」がつくられました。今日、私がいただいたのは、昨日ユイ君がつくったもので、特別に大きくて皮が厚くなっていました。

茗荷だんご

 恒例の東京音頭、炭坑節の踊りの練習です。

踊りを教えてもらいました

 布草履づくりには、セラピストの中林さんをはじめ、山中ヤヨイさん、田中智嘉子さんが指導してくれました。昨日の午後から半日かけて草履作りに取り組みました。

布草履つくり

 これが完成した布草履です。

完成した布草履

 今日、迎えに行った際に七夕祭りに願いを書いた短冊をカメラに収めました。これはウー君の短冊です。「希望の大学にスカラシップで入れますように…」と書いてありました。

短冊・ウー君

 ユイ君の短冊です。「姉は希望の大学入れる。頑張れ」とお姉さんのことを願いしまた。

ユイ君
 
 ヒューさんの短冊です。「幸せです。私の愛する人々は、いつも健康です。そして、もう一度、日本に行きたい。私は将来日本語の先生になります。」とありました。

ヒューさん
 
 ハーさんの短冊です。「リエン先生はいつも元気です。コンサートでピアノをひきます。 世界のひとはだれもお金持ちです。私の家族はいつも元気です。みなさんはだれも上手でしあわせです。ビジネスマンになりたい。」と書いてありました。
 
ハーさん

 三時半、小滝さんとお別れの写真。また横井久美子コンサート・お別れ会に来てくれるそうです。「また、お別れ会であえるから」と小滝さん。タン先生が冗談をいいました。「忘れ物はそのときに持っていきます」と。

小滝さんとお別れ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる