陶芸絵付け作品が完成してとどきました。

7月14日
 今日は午前3時間、午後3時間の八木先生の日本語授業の日、いよいよ日本滞在期間もあと一週間、日本語の授業も今日を入れてあと7回となってしまいました。授業は、まとめと整理にはいってきています。

 子どもたちが「ともいきハウス」を出る時間帯に土砂降りの雨…。車で迎えに行きました。車の中でタン先生からいくつかの質問がだされました。
 
 「昨日、スカラシップの会のみなさんにお礼の言葉を書きました。6枚書いた人がいます。それは誰でしょうか」…とうとう最後まで当てることができませんでした。
 タン先生は続けます。「では、お礼の言葉を約束の時間内にちゃんと提出できた人はだれでしょうか」…これもなかなか当てることができませんでした。
 「まだまだ続けます。では、一番枚数の少なかった人は、2枚です。その人はだれでしょうか」…これもすぐに正解することができませんでした。
 そうこうしているうちに、車は慶蔵院に到着。雨も小降りになっていました。

 この作文、八木先生の作文のテーマとは別に、こちらからお願いしたものです。みんなとてもよく書けていて、いずれ印刷して支援いただいた皆さんに会計報告と一緒に、のちほど送らせていただこうと思っています。

 お昼の支援は、お隣の奥山さん。本場お好み焼き・焼きそばにつづいて、今日は大納言小豆による餅入りぜんざいとおにぎりです。塩昆布も伊勢たくあんも添えてくれました。
 
 奥山さんは、働いていた会社の鏡開きには、いつもぜんざいをふるまっていたそうで、会社を辞めてからもぜんざい作りに行っているとのことです。

奥山さんのぜんざいし・おにぎり支援

 その奥山さんから、蓮の花がとどきました。明日は最愛の息子さんの七・七日忌が10時から本堂で行われるのです。
息子さんを無くした悲しみの中にありながら、お嫁さんと二人で、こうやって2回も子どもたちの昼食支援をしてくださったのです。

奥山さんから届いた蓮の花

 本堂にお供えした蓮の花、ベトナムの国花です。

蓮の花

 夜10時半、名古屋から戻って本堂に蓮の花を見せてもらいに行きました。本堂の明かりの中に、蓮が光り輝いていました。

蓮の花

 夕方、陶芸の絵付け作品が完成して届きました。作品を見て、子どもたちは大きな歓声を上げていました。澤村先生は子どもたちに、小仏さんと小皿もプレゼントしてくださいました。

陶芸絵付け完成品届きました

 タン先生にもプレゼントしてくださいました。

陶芸絵付け完成品が届きました

 ユイ君の作品です。繊細な感性がにじみでています。

ユイ君の作品

 ウー君の作品です。先生絶賛の作品です。

ウー君の産品

 ハーさんの作品です。13歳らしい作品となりました。

ハーさんの作品

 ヒューさんの作品です。「もっときれいな絵付けだったのに焼き方がざらざらになってしまって、失敗してもうしわけなかった…」と先生が残念がっておられました。

ヒューさんの作品

 夕食は、2回目、2人への支援をいただいた戸上さん宅。今回はハーさんとユイ君が訪問しました。ちょうど「てらこや塾」の先生にきてくれていた大学生のお姉さんと一緒に5時半、車で戸上さんのお宅に伺いました。一番下の妹さんはまだ帰宅していませんでした。戸上さんのお宅は三人姉妹です。

戸上さんを訪問・さちさん、ちかさんと

 迎えに行くと、妹さんたち二人と一緒に「ベトナムホーチミン」の歌を合唱しているところでした。お別れ会にもお母さんと一緒に3人で参加してくれると申し込んでくれました。

かきさんも

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる