こうすけ君がたすけてくれました。

10月12日
 日曜日、朝の8時半、10時、13時と法事がはいっています。台風前のまだ雨がきていない今日一日は、ニンニク植え付けの貴重な一日、3時になったら2時間はできると計画をしていました。

 朝から「てらこや塾」の伊藤先生が来てくれて、午前中、植え込みのための穴あけ、そして植え込みをしてくれて、最後に新しいマルチシートへの糸張りをして行ってくれました。

 この写真は、伊藤先生ではありません。こうすけ君です。

ニンニク植えをする、こうすけ君

 昼過ぎにこうすけ君が「和尚さんは、いますか」と訪ねてきてくれました。こうすけ君とのご縁は、お祖父ちゃんのお葬式を慶蔵院でしたからです。それから[てらこや塾」や「てらこや文庫」に顔をだしてくれるようになりました。蜂の苦手なこうすけ君は、蜂のいる間は無理とお祖父ちゃんの満中陰が過ぎたころから顔を見せていなかったのですが…。

こうすけ君

 久しぶりに「てらこや文庫」で、好きな本を探して読んでいてもらいました。13時からの法事が残っていたからです。
2時半、法事から戻ると、すぐにこうすけ君は玄関に顔をだしてくれました。
 「じゃ、一緒に、ニンニクを植えにいこう。見ているだけでもいいから…」と連れ出したのですが、「ぼくもできるから」と開けた穴に一つずつうめていってくれました。
 カラスが鳴き出しました。群れに合図をしているのでしょうか。それを聞いたこうすけ君が一言。
「カラスの悪意にみちた声が聞こえてきた」と。なかなかの文学少年です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる