インドネシアからの最初のメール

2月2日
 今日は、初めての三宅先生の日本語の授業、午後1時から4時半ころまで続いていたようです。朝はも7時半から、2級の問題集を解いていました。8時からはキサンの復習を手伝ってくれました。9時からは公文のE教材にはいりました。
 そもそもトゥッティーが初めてメールしてきた時は何時だったか…探してみました。昨年の6月17日が最初のメールでした。

Terakoya Juku様:
インドネシアのトゥティと申します。

お忙しいところ失礼致します。

始めまして、インドネシアから参りましたトゥティと申します。去年9月に日本 語短期大学から卒業いたしました。どうぞよろしくお願い致しま す。

実はインターネットで日本語の情報を検索して、Terakoya Jukuを見つけました。 ですので、Terakoya Juku様にちょっとお伺いしたいと思いますが、Terakoya Jukuに応募しかたはいかがでしょうか?
ご情報、お待ちしております。

お手数をおかけして、大変申し訳ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
トゥティ・アラウィ ヤー・スガンダ


 このメールに対して私が返事をしたのは以下の内容でした。ここから全てが始まりました。

メールをいただきました。ありがとうございます。
「てらこや塾」に日本語の教師として就職を希望してみえるのでしょうか…。
 あなたは、いま、どこの住所にお住まいでしょうか。
「てらこや塾」を見学していただくことは、いつでもできます。
ホームページの「住職活動日記」で毎日報告していますが、現在、6週間の予定で、ベトナム中高校生を迎えで、日本語を教えています。
御返事をお待ちしております。
----- Original Message -----

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる