日本一のふるさと村での恵方巻作りと書道教室

2月3日
 今日はキサンの4A教材、終了テスト。復習をトゥッティーが手伝ってくれて、8時45分からテスト開始。結果は90点。合格。あいさつ文が混乱していただけで、あとは完ぺき。あいさつを復習したら、次回から3A教材に入ることになる。
私がトゥッティーと表記すると、「私はトゥティと書きます」という。「トゥッティー、と言うんだから、ツが入るし、ティーとなる」というと、「トゥティでいいです」という。「それなら、とぅてぃ…となってしまう」と私。トゥティは、しかたがないなぁーという顔をしている。
 というわけで、今日から本人の申し出の通り、トゥティと表記することにして…。

12時まで自学自習をしたトゥティ、公文のE教材にとりくんでいるところ。今日は、[日本一のふるさと村」で恵方巻作りに参加しないかとさそわれている。1時からだ。車で走る。
到着。さっそくエプロンをつけて、手ほどきを受けながらつくりはじめたトゥティ、料理は苦手でインドネシアでもあまりしないといっていたが、どんどんとじょうずに、いろいろな具を入れて巻いていく。

大紀町のふるさと村で恵方巻作りの体験

 具に用意してもらってあったのが、たまごやき、きゅうり、かんぴょう、かまぼこ2種類、しいたけ、高野豆腐、にんじん、でんぷ…、最初に五本を一気につくり、お昼御飯にいただいて、次いで三本、そしてお手伝いに五本と巻かせてもらった。
しっかりと巻くことができて、トゥティも楽しかったようだ。「ともいきハウス」の山本さんの分もつくった。

恵方巻作り体験

 4時に[てらこや塾」にもどる。今日は書道教室の日、はじめて筆を持つ。野崎先生と最初に登校した生徒さんの奥野さんと一緒に写真撮影。奥野さんの娘さんとトゥティは同い年だった。

書道教室の野崎先生と奥野さんに試食してもらいます

 初めての書道。自分が好きな字を選んで書くことになり、自分の辞典で漢字を探し、[夢」を選んだ。

初めての書道

 トゥティの書道の作品。

「今日は、日本の文化のお寿司作りと書道に参加させていただいて、うれしかったです。どうもありがとうございました」ととても喜んでいた。

初めての書道

 書道教室に登校した子どもたちはもみんな、トゥティの恵方巻をいただいた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる