盛りだくさんだった日曜日

7月5日
  9時30分から和順幼稚園の七夕祭りに参加。七夕飾りに短冊を書かせていただいた。みんな願い事をさらさらと書いていた。

七夕飾りの飾りつけできました

 和順幼稚園の卒園児、小学生のナツ君とアユ君がやってきて声をかけてきた。子ども達と話を楽しむアィンさん。

ナツ君、アユ君と

 わらべ歌メドレーのお遊戯にも参加。楽しそうに踊っていた。

お遊戯にも参加
 
 先日の陶芸・絵付け教室のお皿やお茶碗が出来あがってきた。
ズォンさんの作品

ズォンさんの作品


アィンさんの作品

アィンさんの作品
 
 チーさんの作品

チーさんの作品

 ダン君の作品のマグカップだけが、うまく焼きあがってきた。

ダン君の作品

 各人の陶芸・絵付け作品を手に記念写真。

完成した陶芸作品を持って

 3時半の電車で帰られる東先生とのお別れ。ありがとうございました。

東さんとお別れ

 電気屋さんを営んでいる82歳の西里さんからの夕食支援。お孫さん達も一緒に…。

西里さんの食事支援
 
 西里さんのお店で、西里さんが三日かけてつくってくれた歓迎の絵と日本の国技の絵を見せてもらいながら、お話を聞いた。
日本とベトナムのかけ橋になって、可能性がいっぱいの若い時に、いっぱい学んでほしい。難しい日本語をマスターして、それを活かす仕事について、多くの人の幸せのためにお役にたつ人になってほしい…と話して下さった。

西里さんのお話
 
 さらに場所を西里さんのアトリエに移し、西里さんが書かれた油絵「おはらい町」・[万里の長城」などを見せてもらった。また西里さんが過去の出来事や仕事上で出会った出来事などを漫画にして書きためているものをもとに戦争の話、身体が小さかった自分が一生懸命に暗くなるまで鉄棒を練習しているとそれをお母さんが泣きながら見守っていてくれたことに気がついた。親というものは、いつでも子どもを見守ってくれている…私たちはこうして大きくなってきたのだ…と話してくれた。

西里さんのお話を聞く

 西里さんのギター演奏、古賀政男メロディー、尺八、自分でつくったビニールパイプの尺八を見せてもらい、最後に「おはらいまち」の絵の前で記念写真。西里さんが次の世代をになう若者に期待する言葉を子ども達も真剣に聞いていた。

おはらい町の絵とともに記念撮影

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる