陶芸教室と書道教室の一日

6月22日
 漢字テスト終了の後、伊勢市の朝熊山の麓にある関谷先生のお宅に陶芸を学ぶために出かけました。
轆轤を使っての茶碗作りを指導していただきました。関谷先生は考古学を勉強された方で、遺跡の発掘を行っていて土器に興味を持つようになり、30年以上前から陶芸にかかわるようになったとのことです。

関谷先生の陶芸教室

 出来上がった作品を並べて記念撮影。

 完成したお茶碗
  
  お昼には五種類のピザを、材料を用意していただき、子どもたちがトッピングをして作らせていただきました。
ピザは先生がつくられたピザ用の石釜で焼くことができるのです。

手づくりピザ

  これがピザを焼くための石釜です。

関谷先生の石窯

  次回は7月6日、焼きあがった湯のみの絵付けを指導していただきます。帰る間際まで、手直しをしていました、

帰る直前まで手を入れています

 午後からは尾崎先生の書道教室です。教室がパソコン教室で利用されていたため、「てらこや塾」の子どもたちの勉強と同じ部屋での書道教室となりました。「てらこや塾」の生徒は、試験中のため午後早くから勉強に来ていたのです。

尾崎白峰先生の書道教室

 筆の持ち方について指導をしてもらっています。

筆の持ち方のいろいろを指導

 筆の入り方、筆の先を指先で動かすのではなく体全体で動かすこと…などを指導していただいています。

逆入平出の指導

 完成した字とともに記念撮影。

今日書いた字

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる