日本一のふるさと村に招待していただきました。

6月26日
 
 大紀町にある「日本一のふるさと村」(女将、瀬古由起子さん)に招待されました。今日は、みんなで雨ヶ岳に登るのだそうです。
9時半の到着をめざして伊勢を出発。世古さんと一緒に記念写真。

大紀町日本一の降るさと村の瀬古由起子さんと

 雨ヶ岳に登るにはヒル対策をしなければならないそうです。脛の出ているチーさんに「もんぺ」を貸してくれました。

チーちゃんがもんぺを借りる

 ハィンさんには、帽子を。

帽子を借りたハインちゃん

 雨ヶ岳の頂上に到着しました。一緒に登った神谷さんという青年が横井さんのコンサートに参加したいと言ってくれたそうです。

雨ヶ岳の頂上

 お昼はバーベキュー、「とり」「ぶた」「牛」の肉が取りほうだい。いっぱい食べられておいしかったそうです。そのあと、『昔の暮らし博物館」を訪問。いろいろと見学させていただきました。

バーベキュー

 お迎えの車の到着は、3時半すぎ。前島のおばあちゃんも一緒でした。帰りは、丹生の「ふれあいの館」、産地直売の店に立ち寄りました。おばあちゃんがソフトクリームとサミットに出されたお菓子「シェルレーヌ」を買ってくれました。
店の方から七夕の短冊を書くようにすすめられた二人は、お互いにベトナム語で書きました。「家族は健康で幸せになりますように」と書かれていました。
 夕食は宿舎で、大野さんが冷蔵庫に残っているものを利用してチャーハンを作ってくれるそうです。
丹生のふれあいの館で

 午前中に二つの法事を済ませた私は、梅雨の晴れ間を利用して畑に出ることができました。6月14日に植えた「ネットリいも」と「サトイモ」の芽がしっかりと出ていました。どのように支柱を作ればよいか、考えながら草をとり、新しい畝をつくり、「エゴマ」と「冬瓜」と「ゴーヤ」の種をまきました。少し遅れています。元気に発芽してくれますように…。隣りの橋爪さんが見に来てくれました。この間も、伸びてきた草を、黙って刈ってくれていました。おかげて今日は、早く耕すことが出来ました。

ねっとりいもを植えた畑で

 これが「ネットリ芋」の芽です。この芋は6月8日の講演に来てくださった神谷成章氏からいただいた種芋です。自然薯よりも粘りがあり、滋養満点だそうです。「お檀家さん、みなさんに食べさせてあげてください。」と言われて、種芋をいただいたのです。

ねっとりいもの芽がでました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる