FC2ブログ

大念仏 その1

10月24日
境内で大念仏
 楽しみにしていた大念仏が、あっという間に終わってしました。80名を超える方々の参加を得て、それぞれの方の心に、それぞれの深い感動と感激をあたえてくれた取り組みになったのではないでしょうか。
 ゛午前10時、木魚念仏ではじまりました。「今日の大念仏のキーワードは『不離仏』です。念仏は不離仏の義なり。お念仏を称えている間は、阿弥陀様と私たちとが離れ離れになりません」との挨拶をさせていただきました。
 午前10時20分より、山岡式健康体操の導入指導を山岡和知上人にお願いしました。「人生にはまさかの坂があります。そのときあわてなくてもよいように、自分の体を、呼吸法にもとづいて、日頃より
鍛錬しておきましょう。息を吐くことだけを考えて呼吸をしましょう」
 午前11時より、土屋正道上人による法話。「大念仏は、呼吸と脈搏とを元とした発声法によって、全身が一体となり、天地の大生命活動と貫通する、心身の大調和を来たす口称念仏法である」と、中野善英上人の「大念仏の唱導」を参加者とともによみ合わせつつ、大念仏についてお話をいただきました。「天地は一心、一体、一生命、一活動なり」、一つの花の生命は、上が下を助け、上は下のため骨折り、相寄り助けて、地上も地下も、枝葉も同時に育っていっています。
 そして、実際の大念仏の指導へとはいっていただきました。お念仏を通して、私たちが常に目ざめ。生き生きと生かされていく、どんな困難なことがあっても、扉を開けて前に進んでいくことができるマスターキーにあたるもの、それがお念仏といえましょう。
12時10分より、一会館にて食事をしました。この場において、愛知県から駆けつけてくれたT上人と鳥羽高校時代の教え子のY上人に自己紹介をしてもらいました。
.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

青未さんのお母さんへ

 色付きの文字
お念仏で心が洗われ、心の入浴をしたみたいに温かくなった…との体験、ありがたく読ませていただきました。この体験をどうか、どんどん積み重ねていっていただけれは…と願っています。
 そこには、信仰心が深いとか、浅いとかという、こちら側の気持ちを度外視して、私たちがお念仏を称えるまでずっと待っていてくれた、仏さまの光が、スーと私の中に差し込んできて下さるのだと思います。不思議なことですが、それは、称えて体験した者にしか分からない境地だと思っています。求め続けたいものだと思います。 
 来年の大念仏には、どんな体験が待っているのか、今から楽しみになります。これからもよろしくお願いします。合掌

大念仏への参加、ありがとうございました

色付きの文字
 濱口さん、ありがとうございます。私は、浄土宗は声の宗教であると思っています。お念仏をお称えすることに、しっかりと思いを凝らす、集中していくことにより、「不離仏」、仏さまと私とが一つになっていく、このことによって、さまざまな仏さまの不思議な神通力のようなものを私が頂くことができ…、それは具体的には、いろいろなご縁が結ばれていき、今まで知らなかったこと、見えなかったこと、聞こえなかったこと、感じなかったことが、水が湧いてくるように私の中からあふれでてくるように思えるのです。どうか、今回の体験を、さらに深めていただいて、お念仏の道を歩んでいかれますことを、喜んでお供させていただきたいと存じます。また、比叡山の松禅院での大念仏、おさそいさせていただきます。ありがとうございました。                                      合掌

No title

大きな声で念仏を唱えることに集中しました。
とてもよい一日でした。

有難う御座いました


大念仏、有難う御座いました。

素晴らしい1日でした。


難しいことは、私にはわかりませんが…。
『お念仏』を唱えると…
心が洗われる気がしました。

食事をしたあとに、食器を洗うように…


お風呂に入るように…

人間の心は、洗濯や入浴のように簡単に汚れを落とすことは出来ないけれど、お念仏を唱えると心の汚れが洗えるような気がしました。


『心の入浴』みたいな感じでしょうか?


実際に身体もホコホコ温かくなりました。

お念仏が終わる頃には、あたかも温泉に入ったような心地良さでした。


このような、素晴らしい機会をお与え下りまして本当に有難う御座いました。
リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる