FC2ブログ

大念仏 その2

10月25日
土屋正道上人
 24日の大念仏、午後からは、13時より、境内で山岡式健康体操の体験をしました。午前中に説明していただいた呼吸法に添って、普段動かさない筋肉、使わない筋肉も、左右平等に動かしてやることの大切さをお話下さいました。、「特に大切なのは足の裏、自分の体を一日中支え続けている足、この足を、しっかりともみほぐしてやりましょう。」
 引き続き、13時30分より、大念仏。これも境内で行いました。空気をいっぱい吸って、大きな声を出して、つ゜仏さまに自分の中の汚いものすべてを持って行っていただきましょう。」
 13時45分より、土屋正道上人の法話。「仏教はわけない考え方、それを縁起といいます。すべてはつながって起こります。すべてが、共にあるのです。子のことに気がついたのが阿弥陀仏。」
 「お釈迦さまは、生命はなくならない。生命は永遠につながっている。」と私たちに示してくれました。「亡くなった人とも、私たちは常にともにあるのです。永遠の生命の中に生かされていることを理解できた人は、より良く生きていこうと、一歩踏み出すことができるのです。その一歩の積み重ねが、目覚めた人仏陀への道なのです。」
 「お互いに拝み合う関係がうまれてきます」
14時45分、大念仏。そしてひきつづき、三回目の法話をいただきました。お念仏を称えれば美しくもなれる…。まずお称えすることから始まります。法話の最後には、「我らが使命」と「掲げて行かん」を歌い、お念仏の声の中、第二回大念仏を終了しました。
 来年は、10月30日の土曜日に行います。楽しみに…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大念仏、ほんとうにすばらしいですね。

浜口さん、ありがとうございます。大念仏、本当にちからをいただけますよね。私も、そう思っています。私たちが生きているのは自分の力だけではない、まさに、「生かされている。いただいた生命」
大念仏は、そんなことをしっかりと感じさせてくれる「ちから」をもっているんですよね。ありがたいことだと思います。どんなときにも、いつでも、どこでも、なにをしていても、仏さま・ご先祖様が一緒にいてくれる、自分は一人ではない、仏さまに喜んでいただけるような自分でありたいと、南無阿弥陀仏の道を一歩一歩と歩んでまいりたいものです。智に、精進してまいりましょう。合掌。

驚きました。

仕事が楽しくなりました。
そして、体の底から力が湧き上がってきたような感じがします。
心は、落ち着き、穏やかで気分が良いです。
食べ物は、美味しく感じ、一日働いたら、風呂で、足の裏をマッサージして疲れを取りました。
                                    合掌
リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる