いただいたメールへの返事。

1月8日
 5日で続いてきた葬儀が一段落し、6日の夜、急遽連絡をとりあって、7日から比叡山の松禅院の1月念仏例会に堀江・中里・中尾・山本さんと一緒に参加をしてきました。冷えることを覚悟して、私は、ネパールにもっていった寝袋も持参しました。さすがに夜はよく冷えます。
 今朝は、7時前に琵琶湖に登る朝日を拝みながらの大念仏を堀江さんの始めてのリードで実施。先導をした堀江さん、手がかじかんで松禅院にもどるなり、昨晩の豆炭炬燵の中に、手を突っ込んで温めていました。帰りは霙になりました。それでも比叡山をはなれれば、青空…。年の初めのありがたい念仏会となりました。4時半に帰って、5時と6時の法事へ…。
 少し無理をしましたが、こんな強行軍でもしないかぎり、なかなか念仏会に土・日に出かけることなどできませんから、法事でご迷惑をおかけしましたことお許し下さい。

 さて、昨日いただいた角田上人の消息について、いただいたメールへの返事です。

 角田上人が西極楽寺におられたこと、そこで祖父徹雄上人、妻啓子の祖父の弟徹善上人が、修行をさせていただいたこと、(それはどこか記憶にのこっていたものです)、ですから、西極楽寺におられた角田俊徹上人が師僧で、祖父が如意を賜ったのではなかったかというところまで、たどりついたわけです。

 また、その後、徹善上人は西宮市の鳴尾の西方寺の住職に入られ、貴田徹善上人となります。現在は、ご子息の善澄上人が住職をされています。その子どもさんもお二人とも僧侶としてご活躍です。

 この、鳴尾の西方寺に、昭和30年代から40年代の頃だと思いますが、角田さんという方がみえて、小さいころに妻が遊びに行くと、大事にしてくれたと義父が記憶をたどってくれています。
今回、ご縁をいただいたご連絡の内容は、その後をたどっていく上でもとても貴重なご教示をいただいたと感謝いたしております。

 通照院様にもお話していただけるとのこと、よろしくお願いいたします。
急いで調べているわけではありません。こうして、ご縁が広がり、深まり、つながることをよろこんでいるものです。ついでの際で結構ですので、よろしくお願いいたします。

 また、お念仏をされているとのこと、ありがたく、尊いことと存じ上げます。実は、私も今日・明日と私のブログにもときどき書かせていただいています、中野善英上人ゆかりの地、比叡山の坂本、飯室谷の松禅院の念仏道場にての月例の念仏会にでかけるところです。

 これもお念仏のご縁かと喜んでおります。また、機会がありましたどうぞいらしてください。そして、中野善英上人についてもぜひ、ご縁をつないでいただければありがたく存じます。東京の観智院様、正道上人、光道上人、観道上人とさかのぼり、弁栄上人のお念仏へとつながっていきます。

 では、今日のところは、時間ですので、失礼します。改めましてお手紙を出させていただきます。先ずは、御礼を。ありがとうございました。合掌。


 昨日、これだけの返事を書き終えて、松禅院に出かけました。お念仏は、ご縁を拡げてくれる…野は、本当にその通りだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる