台湾「仏光山」の宗教活動について

3月23日
いただいたサクラソウの鉢
 1967年に星雲大師によって建立され、現在、世界に194の別院と170の佛光協会地方支部があります。僧と信徒が一致団結して「人間仏教」を広める活動を行っています。
 
その活動は大きく分けると四つになります。

① 文化をもって仏法を広める

② 教育をもって人材を培う

③ 慈善をもって社会に福利を与える 

④ 共に修行し、心を浄化する。

 ①の文化面では、日刊新聞「人間福報」の発行をし、「テレビ局」を持って法話を流しています。「仏光山文化教育基金」を設立し、仏学研究を奨励、国際的な仏教会議を開き、これまでに百冊以上の仏教に関する本を出版しています。
 ②の教育では、幼稚園から大学まで持ち、僧侶教育部門と社会教育部門とを持っています。優秀な僧侶を育て、南伝仏教と北伝仏教の融合に努めています。世界に12カ所の仏教学院を持っています。
 ③の慈善事業では、東洋と西洋の医療を行う仏光診療所があり、雲水病院という遠隔地まで出かけていく在宅医療のような活動があります。また年末の冬季救済会、緊急援助を行う急難救助会があります。
さらに基金会は、困窮者への福祉を実施、1976年設立の仏教精舎は、身寄りの無いお年寄りが天寿を全うできるように宿舎を無料で提供しています。また2000個のお墓を貧困者に無料提供しています。
 ④の修行では、「集い、きまりを指導し、仏様のように振る舞い、法だけを拠り所とする」教団であり、年間を通じて信徒に修行活動の場を提供しています。
 
 驚くべきことは、これだけの宗教活動を星雲大師が50年かからずにやり遂げた内容であると思うとそのすさまじさに驚かされます。学びつくさなければなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる