境内の桜が満開になりました。

4月8日
 山桜は、花より先に葉が芽吹きます。まだ動きが見えませんが、ソメイヨシノは満開となりました。境内の桜前線も、桜の種類別に徐々に動いていくことになります。あと一週間もすれば、山桜も咲きだすことでしょう。

裏門のソメイヨシノ
 昨年のことです。三年生になる俊カイを本堂に呼びました。
「いよいよ三年生だ。クラブが終わって遅くなっても、自分で計画して時間を決めて『てらこや塾』に出てきて、勉強をしていくようにしたほうがいいのではないか。一度、自分で何曜日なら出てこれるかを考えておくように。毎日でもいい、君がやる気なら。場所は、この本堂で、一人で勉強すればいい」と話したことがあります。
 彼は、「わかりました。計画を立てます。そして『てらこや塾』に来て勉強します。ただ、本堂で勉強することだけは、考えさせて下さい」と応えました。どういうわけか本堂を嫌いました。仏様が立っていて、薄暗くて奥が深く、位牌が並んでいるところが怖かったようです。
 
山門脇のソメイヨシノ

 それほど本堂をいやがった俊カイが本堂にいます。私たちは5月19日、俊カイの一周忌の法要を10時から本堂で行います。そして11時から3時まで、境内を中心に「国際交流の広場」を開催する準備を進めています。私たちは、毎年この取り組みを続けていくつもりです。今年は第一回ということです。
 今日、17回忌の法事に出かけました。この方は車の事故でなくなったのです。お父さんでした。赤ちゃんがいました。その子は、お母さんに育てられて、中学校で俊カイと同級生だったことを今日知りました。俊カイのお葬式にも来てくれたとのことでした。
 この子に頼みました。5月19日のことを友だちに広めてほしい。あなたもぜひ来てほしい。さらに、どうぞ高校生になって、自分で勉強していく場として、どうぞ「てらこや塾」を利用して、学んでいってほしい。俊カイの「心残り」を皆で実現していってほしい…。俊カイが元気であったなら、何年かすれば彼は、私たちの元から飛び立っていってしまう子だったはずだけど、俊カイは、ずっと私たちとともに「てらこや塾」にいる…。そして私たちを見守ってくれている…。私は、5月19日に集まってくれた同級生の皆さんに、このことを訴えたい…。俊カイの心を受けとめて、大きく遠くへ羽ばたいていってほしい…と。
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる