「てらこや塾」の二つの特別活動

4月22日
 楽しみにしていた二つの特別活動がありました。私は朝から法事や葬儀、お通夜が重なり、参加できませんでしたが、午前中は津からわざわざ電車に乗ってきてくださった上野先生の古典の特別授業、中学3年生のチカちゃんが受講、「こんどは平家物語がやりたい…」との希望に、上野先生は「なかなかやる気があってたのもしい…」と喜んでくれました。
 午後からは、沢村先生の「こぼとけ」づくりの特別教室。
リョウ君がたくさんの作品をつくりあけました。

リョウ君の作品

これは、先生がつくってくださった見本の「こぼとけ」です。
先生の見本作品

お母さんも含めて、8人の参加者がありました。
小ぼとけづくり

一つ一つ、丁寧につくっていきます。
小ぼとけ作り

これが皆の作品です。いろいろな顔や形ができました。
皆でつくった作品

しばらく「一会館」の教室の窓際で乾かします。そして先生に焼き上げてもらいます。
みんなの作品

最後に、先生がもってきてくれたマグカップにも色つけをしました。濱口先生のタッチがとてもよかった、きっといいものになるだろう…と先生からコメントをいただきました。
絵付け作品

 この「こぼとけ」つくりは、5月19日の俊明忌と「てらこや交流広場」の出し物のひとつとして、希望者に粘土を購入してもらって、つくってもらうことにしています。300円くらいの値段になるのではないかと思っていますが、まだ決まっていません。
 でも、いろいろな「思い」・「気持」をこめて、たくさんの方に「こぼとけ」さんをつくってもらいたいと願っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる