高石さんご夫婦の「天ぷらそば」、その感動の「つゆ」の味を味わって…。

4月30日

:欅の新緑
 29日の昼食に高石さんと奥様が、こんどの「てらこや交流会」で提供してくれる「天ぷらそば」の試食会を開いてくれました。
 高石さんが用意してくれたのは、三種類の蕎麦、エビの天ぷら、刻みネギ、そしてじっくりと仕込んだ自家製のつゆ。私と濱口さんと山本さんと、キキちゃんとワタル君とリョウ君があつまりました。
 まず、伊勢で一番値段のよい蕎麦、そして今回の候補となっている蕎麦、最後に高石さんが乾麺からゆでてくれた蕎麦の三種類を特製のつゆでいただきました。
 まず、感動したのは、その「つゆ」の出来栄え。これは最高です。かけそば用の「つゆ」としてプロの味です。これを当日味わっていただけるだけでも、喜んでもらえると思います。どうやって口に運んでもらえば良いか…、チケットを売ること以外に道はないでしょう。自信をもって勧めることができます。
 次に「天ぷらの衣」これがまたプロです。「つゆ」ととけあってなんともいえないまろみをだしてくれるではありませんか。エビは6センチほどの値段と相談しての購入品ですが、やはりエビが入っていることで蕎麦が引き立ちます。エビをふわりとおおう「天ぷらの衣」が、蕎麦の上で、目も楽しませてくれる色合いを出しています。エビは一本で十分でした。それに刻みネギを少々、お好みに合わせて七味唐辛子をふっていただく…。「うまい」の一言です。
 結果、三種類の蕎麦を味わって、「やっぱり蕎麦も高石さんおすすめの乾麵からゆでてもらったもの」に決まりました。時間は、余分にかかるのですが、下準備は、天ぷらと合わせて家の方で準備をしてきて下さるそうです。当日は、濱口さんも窯湯でを担当してくれます。
 さて、どれだけの参加者があって、どれだけの蕎麦が売れるか…、どうぞ、次回の職員会議では、一人一人、予想数を発表していただいて、仕入れを決定したいと思いますので、よろしくお願いします。
 青井君にも食べてもらって、ブログにて「味のルポ」もしてもらいたいと思います。よろしく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる