何かに導かれ、呼ばれている感覚を大切にしたい…。

5月3日

タツナミソウ
 私が「アスペルガー症候群の人の就労ハンドプック」という、ロジャー・N・メイヤー著、梅永雄二監訳の本を手に入れたときのことを思い出しています。2009年9月1日初版第1刷発行のものです。発行されてまだ数カ月もたっていない時です。
 それは青井君と一緒に歩いていて、彼が荷物を下宿に取りに帰るという。ならば僕はあの角の本やで
本を見ながら待っているから…とふと目にとまった、古本屋さんなのか新刊本の本屋さんなのかわからないほどの小さな本屋さんに呼びこまれるように入ろうと思ったのです。
 中に入ると、また不思議、まず目に留まったのが1970年代前後の懐かしい題名の、背表紙の色あせた本が低い天井までぎっしりと並んでいるではありませんか。その一冊、一冊を目で追って行きます。「都市の論理」とか「安保闘争」とか「共同体…」などなど、不思議な思いを持ちながら、しかし「ここに呼ばれたのはこれらの本を手に取るためではない…」とも感じつつ、全部眺めました、中には「ベトナム戦争」を扱ったものもあったり、歴史教育の本があったりして、「これかな…」と手をのばしそうになるのを抑えつつ、棚を全部見終わりました。といってもそんなに大げさなものではないのです。全部で五つくらいの棚しかなかったと思います。見終わって「これらではない…」とこんどは平積みに置いてある本に目を向けていきました、しかしこれらはほとんどがようのない新刊本であったり写真本であったり雑誌であったりと、全くようのない本ばかり…「ここに呼ばれたような感覚は、まちがっていたんだ…」と思いかけていたとき、最後に平積みの隅に「背表紙」だけを見せて、無造作にならべてある書籍に目が届きました。一つ一つ、その背表紙を見ていったときです「これだ、この本に呼ばれたんだ」と見つけたのが「アスペルガー症候群の人の就労ハンドブック」でした。すぐに引っ張り出して、ページをめくると「序文」があり、「…ロジャーは大人になってからアスペルガー症候群と診断され…ロジャーは次のように述べています。『私の関心事は、自分自身が決めたことに対して、どのようにたどり着いたらいいのかを理解することです』とありました。」それは、ロジャーがそうしたようにすべてのアスペルガー症候群、青井君たちの「自己発見」を導く「旅」の本でだったのです。
 「この本に呼ばれたンた」と2.200円を出して購入しました。
 そして、もどってきた青井君に、「この本をすぐに注文して購入して、読んで、ロジャーがしたように、君自身がこれと同じ手法で、君自身をモデルにしてこれと同じ本を書け…」といいました。
 まだ、ちょっと目を通しただけなのに、なぜ、そんなことが言えたのか思ったのかは全く分かりません。しかし、そう確かにいったのです。
 青井君は、この本を手に入れようと、それから何度もあらゆる手立てで注文し、探したと言います。ところが再販がされておらず、いまだに手に入れられずにいるといいます。
出版されて数カ月しかたっていない本が、その時点で、すでにてにはいらなくなっていたのです。そんな本が、小さな片隅の本屋さんの平積みの、そのま端のほうに並べられていて、私が偶然にも手に入れることがてぎたのですから不思議です。この日、もう一つ私は、新幹線の中で、「いままで旅した中でネパールが一番印象に残っている」という青井君にいいました。
「ならば、ネパールの東パルパの村に行って、そこに暮らす垣見一雅さんにあって来い。」と。
「村のどこにいけばいいんですか」という青井君に、
「行けば会える」といいました。そしてネパールに旅立った彼は、カトマンズからポカラ、そしてタンセンに入ったそのホテルで、村から福岡からのツアー客を迎えに村から降りてきた垣見さんとバッタリと遭遇することになるのです。
 
 最近の青井君のブログの内容を見ていると、いよいよ、この時の「自分をテーマにしての本をかけ」という、あのときの思いを実行する日が近づいてきているように思えてきています。

 

 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

前島先生のブログを読み、インターネット通販サイトのamazonで検索したら、ロジャー・N・メイヤーの著書が売られていました。

つい最近まで、「入荷未定」とあり、購入できなかったのですが、いつのまにか購入できるようになっていました。
とても不思議ですが、すぐ本を注文しました。

早ければ今日にも本が届くので、読み進めていくのが楽しみです・・・。
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる