書道教室もはじまりました。

5月14日
 子ども達からの1年越しの要望が実現しました。富永先生が協力してくれて、13日の日曜日、午前11時から1時間の書道教室が月二回のペースで無料で実施されることになりました。
 紙も筆も硯も墨も下敷きも文珍も全部、「てらこや塾」にあるものを使ってもらいます。もちろん自分のものを持ってきたい人は、持ってきてもらっていいのですが、無理にすぐに道具をかうことはやめてくださいとお願いしました。

 書道教室をはじめるにあたって、「はじめに」の話をしました。
 墨を5分間することを大切にしましょう。無言塾と同じ気持ちで座りましょう。席をたってはいけません。先生が巡回してくれます。黙って手をあげて願いをいってください。10枚書きましょう。先生がまわって指導してくれます。話をしてはいけません。無言塾と同じです。
初めての習字教室
 
 みんなが黙って墨を磨り始めました。
墨をすります
 
 墨の磨り方も先生が教えてくれます。墨のいい匂いを味わいます。
濃くするのは難しいです
 
 今日の題は「ふで」と書きます。幼稚園児のワタル君は、書道はしませんが、
黙って一緒に絵本を読んでいます。
心静めて集中します
 
 しっかりとした手つきです。はじめて筆をもった子とは、とても思えません。集中していますが、心はゆったりと落ち着いているのが判ります。のびのびとした字が書けています。
お手本を良く見て慎重に書いています

 左利きの子どもは、左で書いてもらいます。この子は幼稚園児の妹と一緒に参加しました。妹さんは、自分の名前を筆で書くことにしましたが、のびのびと書いていました。もっと書きたそうでした。
10枚書きました
 
 45分間、集中してよく字を書くことに集中していました。墨がすぐになくなります。それで今度からは、最初の5分間は墨をすりますが、書きだしたら先生に巡回をしてもらいつつ、墨液をたしてもらう。

 それから、机がすこし高いので、座って書かすことにしようか…とも富永先生と話し合いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる