第52回辻説法に立って…

5月16日

大井先生にいただいたヤマガクアジサイ
 昨日15日は、断食の日。14日の夕飯を食べてから、16日の朝食まで口に入れたものはお茶を数杯と娘がインドから持ち帰ってくれたChyawanprashを小さじで掬って食べました。これはすべて天然の薬草でつくられているものだそうで、今回、なんとなく食べてみようかな…と思ったので、夕方に試してみました。
 最初の5日の時と違って、今回は頭の中がスクリューのような状態は起こることなく、まったく普通の感覚で過ごすことが出来ました。同様に、お腹が空いたとか食事をしたいという感覚は生じませんでした。お昼過ぎにお腹がクー、クーとよく鳴っていました。雨でしたからほとんど家の中でのかたずけを中心に仕事をしました。英語の勉強もすすみました。血圧をはかってみると上は137、下は79でした。夜は10時前には寝床につくことができ、すぐに寝付けました。朝目を覚ました時にも違和感はありませんでした。今朝6時に目ざめ、7時に普通のように朝食をとり、8時の辻説法にでかけました。
 2回目の断食も成功しました。そしていくつかのことを気付かせてもらいました。このことを[辻説法」で放しました。

 私たちは南無阿弥陀仏とお称えをして仏様のはからいにお任せをします。お任せをするということは、どうも自分は何もしないと言うことではなさそうなのです。私にとっての「おまかせ」は、仏様を鏡として、その鏡に私の心や行為を映していただいて、そして仏様の慈悲や智恵の心をいただいて、それは無量光に照らしていただいて…ということにもなると思いますが、自分の中に「なんらかの気づき」をいただくことにあると思います。
 断食を経験して、「なぜ食欲がおこらないのか」ということを考えたのです。それは食欲を無にしたのではないのです。食欲がある自分に「気づいたのです」。いやむしろ「気づかせていただいた」というほうが正確かもしれません。すこし話を大きくなりますが、私を支配する「むさぼり・いかり・愚痴おろかさ」という三毒煩悩を無くすことは一生かかってもできないのが凡夫でしょう。しかし、食欲なら食欲という飽食を求める自分に気づかさせていただくとき、その煩悩の支配から解放される…。だからお腹がすかなくなるのではないでしょうか。
 つまり南無阿弥陀仏とおまかせすることは、気づきをいただくことにつきるのではないか。煩悩は無くすことはできないが、煩悩に支配された自分に気づかさせていただくことにより、徐々にではあるけれども煩悩の支配から解放される第一歩にるるのではないでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる