お寺でベトナムの子供たちが日本語を勉強しているから…

6月1日
境内の樹
 今日の職員会議で報告をしたのは、檀家さんからの申し入れについてでした。
先日、近くに住む檀家さんが訪ねてこられました。そしてこのように話を切り出されました。

 「今日、私のいとこが息子さん夫婦を連れて遊びに着たんですが、嫁さんがベトナム人で、向こうで知り合って結婚して松阪に住むようになったんですが、日本語の会話はベトナムで勉強してきたんですが、なかなか感じが覚えられないと、一時間以上かけて四日市の日本語学校に通っているのですが、まわりが中国人が多くて、漢字がよくわかるので、自分はどうしても置いてけぼりになってしまうというんです。日本語の勉強ならうちのお寺で教えていて、この6月にはベトナムの子どもたちもやってきて日本語を勉強するらしいよ。一度話を聞きに行ってこようか…」と来ました。これが私の従兄弟で、その息子さんと嫁さんのベトナム人です。

 そうですか、ちょうど今、日本語の勉強をしていますから見学していってください…と、ちょうどそのときは河井先生の授業中で、小学生のファンファン君とトモ君、それに中国人実習生3名、マイケルが勉強しているときでした。
 見学をすませて、ここで勉強をしたいと思われたようで、ベトナムの子供たちが着ているときに一緒に勉強に来てもいいかということになりました。
 午前中は講義なのでだめだけれど、午後の2時から5時までの間は、その日の復習、漢字勉強、作文などの演習を自学自習していますから、そのときに一緒に勉強するとこは可能です。日本語の先生もついてくれますから、いろいろと質問もできるでしょうし、来れる日に来てもらっていいですよ…と話し合いました。
 
 ということで、どのくらいの回数で、勉強に来るかはわかりませんが、とりあえずこの方向で受け入れ、ベトナムの子供たちが帰国した時点で、マンツーマンの授業の時間割を考えていくことにしましょう…と言う報告を行いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる