断食四回と一日一食半で二週間の結果は…

6月7日
 
 毎晩一錠を服用している血圧の薬エカードHDが切れたので、ここ10年来お世話になっており、ベトナムの子どもたちへの食事支援もしてくださる福井先生の病院にいきました。いつものように採尿、採決、診断がありました。結果は、朝7時に食べたメロンとバナナとゆで卵から4時間たっている空腹血糖値が102、ヘモグロビンAICが5.4、尿糖ー、尿蛋白ー、血圧133/77、体重は作務衣を着たままで75.8でした。
 薬を服用しているとはいえ、今回の数値は上々。先生も「薬はまだ出しておきましょうかね…」と言われました。体重は一ヶ月前と比較して5キログラム減少。採決をしてくれた看護師さんは、「ちょっとペースが速すぎませんか。どうしたんですか。だいじょうぶですか。リバウンドするんではないですか。」と心配そうでした。
 福井先生は、「断食はいいようですね。4回の断食の成果が出てますね…」と。
現在の食事の状態は、
 5のつく日は、断食。といっても、完全に何もかもを断ち切っては居ません。水、お茶、金柑酢、昆布少々、麦粉小さじ一杯、梅エキス10滴ほどとインドの薬草少々は、適当なときにいただいています。一日一回程度です。それに最近、ネパールから持ち帰った小豆を炒っておいたものを何粒かを良くかんでお腹に入れます。
 2週間続けてきた一日一食は、正確に言うと一食半です。朝は、果物と人参ジュースか、ゆで卵か、薄めた牛乳コーヒーを飲みます。お茶も自由に飲みます。昼は完全に抜きます。夕食は、野菜・魚を中心に何でもいただきます。先日は、外食もしました。ですから、完全な一食主義ではなく一食半というところです。
 しかし、これでペースがつかめてきました。
 前回、朝ごはんを食べていたときの四時間後の空腹時血糖値は、78でした。今回102ということは、代謝が確実に良くなっていることを示しているように思います。
 それにもまして何よりもありがたいことは、断食・一食半主義によって夜の10時前後での就寝が維持できるようになったということです。10時までには遅くとも寝ると思っても、月曜日は9時半まで無言塾で勉強していく子供たちがいますし、水曜日は9時まで念仏・読経・詠唱・映画があるし、火曜日は英語がありますから…、なかなか10時までには就寝できないのですが…、
 全体として、このペースでやっていくことが見えてきました。そしてそうするように守られていると感じます。2009年に9月7日から酒は飲まないと思って以来、手が出なくなったように、自分の意思や力だけではないものをいただいていると感じています。
 楽しみながら、つづけていきたいと思います。また、一ヵ月後に、この続きを書きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる